2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

素晴らしいリンク

無料ブログはココログ

« 秋吉巒先生のお孫さんのブログ | トップページ | 夢を見た »

2017年8月19日 (土)

『コックリさんの父 中岡俊哉のオカルト人生』発刊記念!

【中岡俊哉100のひみつ】その①第二章P53「テアトロ」に連載とありますが、無記名を含めると15回記事を書かれています。(主に中国演劇界の話題)

【中岡俊哉100のひみつ』その② たまたま?先生の記事が載っていない1959年8月号に、九年後に秋田書店の世界怪奇スリラー全集で競演することになる山内重昭氏が「雪あかり」という戯曲を書いています。日本オカルト界の巨人と伝説の男の早過ぎた邂逅まがい!

【中岡俊哉100のひみつ】その③ 少女フレンドで一番最初に書いた記事は1964719日号の「世にもふしぎな事件 死んだ少女が絵をかいた!」。絵は石原豪人先生。実際はすこし前から、少年マガジンに記事を書かれています。

【中岡俊哉100のひみつ】その④『世界の恐怖ショッカー』を読んでもらえば判るが、先生の中国名東峰輝に近いペンネームに、東政和、東中健、東峰俊、東俊一がある。永野のネームもよく使っていたが,奥さんの旧姓だったとは、俺も知らなんだ。

【中岡俊哉100のひみつ】その⑤ 長野美恵も先生のペンネームだが、娘さんの名前からとってるんだな。忍足というペンネームは、和明さんが書いているが、おじさんの名字か。

« 秋吉巒先生のお孫さんのブログ | トップページ | 夢を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋吉巒先生のお孫さんのブログ | トップページ | 夢を見た »