2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

素晴らしいリンク

  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。人の努力の結晶をふみにじる奴は嫌いじゃ。引用元明記をしろ! 努力しないやつがここまでたどりつけるわけねえだろ。努力しないやつと喜びは共有できん。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月に作成された記事

2016年10月31日 (月)

狼少年

 書く、書くといいながら進まない『野球ゲーム大図鑑』。今年の正月だったかに一念発起して写真を撮ったが、その後、プラグの接触不良、写真の完成度ガックリなどで、進まない…。

お詫びの画像を。
Baseball Challenge

Bc

Be A Manager Baseball

Bamb

Challenge The Yankees

Cty

Batter-Up Baseball 1976 Data

Bub

Box Seat Baseball II   Mickey Mantle's Card

Bsb

 期待の声援でもあわれな孤独死男に送ってあげて下さい…。

 緒方監督、バースに打たれた時点で投手替えなきゃ〜〜〜。

2016年10月28日 (金)

谷ゆき子先生、万歳!

たまたま手元に残っていた「バレリーナの星」の谷先生自己紹介のページが妙に記憶に残っていた。絵はうまい、しかもセンスに満ちている(もっと上手な表現しろ)。

Img_0866_4

『谷ゆき子の世界』(立東舎)

素晴らしい。回転アラベスク、親子二代のバレエ人生。

例えば、日本のロックの歴史の話になると、

GS、はっぴいえんど、キャロル…などという流れが俺は嫌いだ。憎悪している。

フライドエッグやブルースクリエーションを出せ!

ってなわけで、当時の雰囲気をうまく再現するのは、後付け修正主義者には無理なのだ。

1970年代を支配した妖怪博士は佐藤有文先生なのだ。

当時、生きていないやつが書いたものなど、参考にするものか。←言い過ぎ

For Beautiful Human Life!

2016年10月14日 (金)

夢2

好きな女と電話をしていたら、「お父さんから電話が入ったので」と切られた。
「終わった…」。

そういう夢。

2016年10月12日 (水)

今朝見た夢

俺は、ユニットバスを細長く、でかくしたような家に妻と二人暮らしだ。
玄関を入るとすぐ流し台があり、その横に風呂場と寝室がある。
一階は妻が休憩したり、テレビをみたりして使う。
吹き抜けの二階は梯子で昇り降りするのだが、私が使っている。
片側の壁一面に棚が有り、ホワイトスネイクやギランのブート、
児童書やコレクションが詰め込んである。部屋の片隅に大きなふたのついた
箱が有り、そのなかにも色々入っている。パソコンも二階にある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ある夜、玄関に人の気配。
「すいません、手を洗わせて下さい」という知らない女性の声。
それとほぼ同時に流し台にあった油の入った皿を倒し、床一面と自分の
着ていたスエットを汚してしまった。気の毒ではあるが、そんな状況
でもあったし、その女性のお願いを断った。

ほどなく、妻が帰宅。
「油、こぼしたんだ」と妻。
「とりあえず、風呂に入る」。
「うん」。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
突然、「手を洗わせて…」という声をともにさっきの女が居間に登場。
目を閉じたまま前述の台詞を発する女を見て俺は、
「これはこの世のものではない」と直感。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私の妻だが、みょうにさっぱりとした飄々とした人で、冷たくはないのだが、
とらえどころのない感じが強い。
「この女、俺を本当に愛しているのか?」と思った俺は仕事に出かける彼女に
近づき、接吻を求めた。嫌がるそぶりはなかったが、口の周りにひげがあった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
妻が出かけるのだが、朝飯がまだだ。
「そういえばこの間、餃子をもらったな…」と思った俺は居間の机の上を見た。
パックのなかに餃子がある。
「この餃子、二日前にもらったけどまだ食えるかな?」
妻は「餃子なら大丈夫よ」とのこと。
妻が出かけたあと、パックをあけると煙草の吸い殻が混じっていたが、吸い殻を避ければ食えそうだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どういう意味があるのだ、この夢。

2016年10月 9日 (日)

こういうのは博物館だよな。スタルヒン、澤村

http://page23.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o158522489 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »