2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから。

« 六巻がいいか。 | トップページ | まず駄目になるのが根気 »

2016年8月 6日 (土)

出し惜しみをしているわけではないのだが

 本を見たときの衝撃度を考えて、あまり野球ゲームの紹介をしないようにしている。
 ゲームの紹介を期待している人もいるかもしれないが、まずは今まで紹介したゲームを入手すれば、一応、マニアの入り口ぐらいには立てると言えよう。
 Fast 'n' Brisk Baseball Gameだの、誰もしらないゲームを紹介しても、あまり大きな意味は無い。
 まずは入手して、遊ぶ。これに尽きる。できれば仲間とワイワイやりながらがいい。もう、そういうことをする年齢でもないので、ノスタルジーになってしまうが、仕方あるまい。

 おさらいだ。
① Strat-O-Matic Baseball
② APBA Baseball
③ Pursue The Pennant
④ Statis Pro Baseball
⑤ Sherco Basbeall
⑥ Replay Baseball
⑦ SPI Baseball
⑧ Big League Manager
⑨ Negamco Baseball
⑩ Supepr Star Baseball

 まずは上記ゲームを入手すれば、結構なマニアと言える。
 Long BallだのClubhouseだのは後で良い。

« 六巻がいいか。 | トップページ | まず駄目になるのが根気 »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六巻がいいか。 | トップページ | まず駄目になるのが根気 »