2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。努力しないやつと喜びは共有できん。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月に作成された記事

2014年5月30日 (金)

ファンが減るなあ

 来てくれるだけでも有り難いのだ。

 どういう人が来るか?
「じゅぼっこ」「がしゃどくろ」「バックベアード」などを検索する人。
 余り来ていないのでは…。
野球ゲームファン
 持っていないゲームの話には興味ないのでは?
 日本推定野球ゲーム人口(根拠なし)
1、タカラ            10万人
2、熱闘12球団ペナントレース   3万人
3、ビッグ野球           1.5万人
4、パワーベースボール       5千人
5、大リーグベースボール(StatisPro) 3千人
6、Baseball Strategy         500人
7、Super Star Baseball        300人
8、Strat-O-Matic           200人
9、PTP (Dynasty)         150人
10、その他             100人
 なので、Negamcoだのなんだのは通用しないのだ。 
親桜子ファン
 ふう。
本郷猛で来る人
 ごめんなさい。
【来ない人】
 日本人の大部分。
 私の態度がムカつく人。
 縁のない人。
 結局、暗い話になってるわな。

2014年5月29日 (木)

親桜子さんが検索ワード一位か

 国会図書館とかで探してはみないのかな?

 昭和43年頃からの全週刊誌・近代映画・テレビガイドを調査すべき。
 他にも持ってはいるけど、全部さらけ出す予定はない。
(まあ、愛ちゃんと「作る」ときには書くがね)
 ネットに転がっていると思うのがそもそも間違い。
 「佐藤有文」「中岡俊哉」「斎藤守弘」。
 子供向け妖怪作家ベスト3の、この名を検索しても、ロクな記事がないよね。
 「間羊太郎」「久米みのる」「北川幸比古」。
 裏妖怪作家ベスト3にしても、そうだ。ないよ。
 真のマニアがネットをやっているとは限らない。
 ドラゴンブックス全巻所有している人がブログなんてやってないでしょ。
 一冊、二冊、持っている人が書いているか、本屋で見た思いでを書いているだけでしょ。

2014年5月28日 (水)

タイトルを変えました

「生き地獄日記」にしました。変わらぬご支援を(あ、ないか)。

2014年5月22日 (木)

北川幸比古先生万歳 サチヒコッ!

少年キング 「怪物怪獣総まくり」より。

構成/北川幸比古先生 絵/南村喬之先生他

Hyakumanagu

百まなぐです。絵/植木金矢先生

Asapena

アササボンサン、ペナンガランです。

偉大すぎる。

2014年5月13日 (火)

twitterもよろぴくね

2takeshi

twitterもやってるのでよろぴく。

昔、嫌な思いをしてココログで愚痴ったりして迷惑をかけたことがあったので、愚痴は書かない様にしよう。ますます人が寄り付かなくなる。

明るく行こう。

2014年5月10日 (土)

だめだ。人気がない。

 人気は持って生まれる場合がある。俺にはないのだ。

 人は人気者に生まれない。人気者になるのだ。
 そうか?
 不人気。
 何故か? 
 テーマが特殊。(好きな人は多いと思うが)
 入手出来ない野球ゲームのことばかり。(やる気があるなら幾らでも入手可能)
 更新があまり、ない。(反響に比例)
 違う。才能の問題だ。
 そうこうしているうちにアンダーソン3ラン。

2014年5月 5日 (月)

佐藤有文先生の記事ベスト10 その4

Arifumi1

Arifumi2

「妖怪万国博」学研の学年誌より

 文/土屋有(佐藤有文先生)絵/南村喬之先生

 以前にも少し紹介したが、『世界妖怪図鑑』の元ネタ。

(まだ、他にもあるのだが、いずれ、ね)

 ここでの注目は「さかさ男」が「アペラーナ」という名前で登場していること。

 ちなみに「さかさ男」は斎藤守弘先生の記事が初出(だと思う)。

 単行本だけ集めても、ダメなのよね。

 私も生原稿だとか、遺品だとかそっちに走りそうで怖い。

野球ゲーム図鑑 18(かな?)

Dougoutdream

Dugout Dreams (2003)

 ボードゲームギークではNegamcoの息子とか言われてますね。

 投手能力チャートに打者能力指数を交差させ、サイコロを振る。

 のはいいのだが、アウト、安打ともさらに数回サイコロを振るのがちょっと面倒。

 勿論、ゲームとしてはよく出来ている。

 しかし、ゲームの箱=郵送箱はちょといただけない。

 一時期、Shercoもそうだったな。箱が来た時から痛んでいるのよ。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »