2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。努力しないやつと喜びは共有できん。

« 行くとこなし、することなし(野球ゲームは?) | トップページ | ビッグリーグマネジャーベースボール1959年ワールドシリーズ第二戦 »

2013年8月15日 (木)

ビッグリーグマネジャーベースボール1959年ワールドシリーズ第一戦

 遂に一試合を終えたぞ! 日本人初か??????

(あ、「私は昭和35年、丸善書店で買ったBaseball Digest誌を見て、個人輸入し、辞書片手に随分、遊んだものだよ」という方がいらしゃったら、本気で尊敬します。残念なことに、そういう方はこういうブログは見てないよねえ)

Blm_2

私の稚拙な翻訳ルール(ゲーム中に間違い発見するんだからねえ)、

ルールブックの記載ミスも若干あり、ちょっと苦労しましたが…。

特に走者一塁で内野ゴロが出たら試合が止まってしまう(ルールが分からないから)。熟読、熟読。

スタメン

ドジャース   シーズン成績(http://www.baseball-reference.com/teams/LAD/1959.shtml)より

5 ギリアム  145試合 .282 3本 34打点 23盗塁

4 ニール   151試合 .287 19本 83打点 17盗塁

7 ムーン   145試合 .302 19本 74打点 15盗塁

8 スナイダー 126試合 .308 23本 88打点 1盗塁

9 ラーカー  108試合 .289 8本 49打点 0盗塁

3 ホッジス  124試合 .276 25本 58打点 3盗塁

2 ローズボロ 118試合 .232 10本 52打点 7盗塁

6 ウイルス     83試合 .260 0本 7打点 7盗塁

1 クレイグ   29試合 11勝5敗 ERA2.06 IP155.6

 三人しか知りません。

 スナイダーはコーチで有名、ウイルスは阪急によく走塁コーチに来てましたね。息子がバンプ・ウイルス(83〜84年に日本でプレイ、日本の水が合わなかったようでした)。

次にホワイトソックス

6 アパリコ    152試合 .257 6本 51打点 56盗塁

4 フォックス   156試合 .306 2本 70打点 5盗塁

8 ランディス   149試合 .272 5本 60打点 20盗塁

3 クルーズスキー   31試合 .297 2本 10打点 0盗塁

2 ローラー    140試合 .265 22本 84打点 4盗塁

5 グッドマン   104試合 .250 1本 28打点 3盗塁

7 スミス     129試合 .237 17本 55打点 7盗塁

9 リベラ      80試合 .220 4本 19打点 5盗塁

1 ウイン     37試合 22勝10敗 ERA3.17 IP255.6 

Card

簡単に打撃解決の流れを説明しますと…。

①四球チェック(打者のBB:14に投手のW:P2を加減、この場合は16)

スピナーを回します。

ボードの16の欄を使用して、スピナーのナンバーを参照し、結果を出します。

結果欄が空白なら、四球。(無走者で四球の場合、死球チェックへ)

②三振チェック

四球でなければ、打者のK:6に投手のSO:P6を加減、この場合は12。

ボードの12の欄を使用し、先のスピナーナンバーを参照し、結果を出します。

結果欄が空白なら、三振。

③安打チェック

三振でなければ、打者のBA:28に投手のPC:M7を加減、この場合は21。

ボードの21の欄を使用し、先のスピナーナンバーを参照し、結果を出します。

空白なら、安打です。(長打チェック、エラーチェックへ移行)。

良い投手はPCがM(マイナス)ですが、良い投手でもP(プラス)のケースもあります。塁に走者がいる場合は、PCの代わりにMOBを使用します。先頭打者は出しても粘り強い投手はこのMOBがマイナスになっています。

空白でない場合は、数字が書いてあり、内野ゴロ、ポップフライ、ライナーなどの結果が示されます。→エラーチェックへ

チェックが多いので一時間は掛かりました。バントのルールが複雑&誤植?でかなりあやふやでしたねえ。

試合

LD 000 100 000  1

WS 000 000 000  0

○クレイグーSシェリー

●ウインーステイリーーアリアス

ドジャースは4回、スナイダー内野安打、ラーカー四球、ホッジス右飛(スナイダー三塁へ)で一死一、三塁と攻め、ローズボロがセンターへタイムリーヒット。

ホワイトソックスは初回の無死一、二塁を併殺でつぶし、4併殺を食らう拙攻。4安打完封負け。

 印象としては、緻密さではAPBAを超えており、決してStrat-O-Maticにもひけを取ってはいない。しかし、遊びやすさでは少し、負けているかも。

 バーンズさんもこのゲームを「試合時間は長いが面白い」と言っていたように、これを改良して、遊びやすくしたものがStatis Proである…と言えるのではないかな。盗塁、バントをかなり簡素化したり。

 今日は疲れたのでこの辺で。

« 行くとこなし、することなし(野球ゲームは?) | トップページ | ビッグリーグマネジャーベースボール1959年ワールドシリーズ第二戦 »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494347/52894845

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグリーグマネジャーベースボール1959年ワールドシリーズ第一戦:

« 行くとこなし、することなし(野球ゲームは?) | トップページ | ビッグリーグマネジャーベースボール1959年ワールドシリーズ第二戦 »