2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月に作成された記事

2013年8月27日 (火)

BLM解読中

 大リーグの成績サイトより選手成績をコピーし、EXCELに貼り、自分なりの数式を入れ、比較。多少の誤差はあるが、打者に関しては解読できつつある。走塁がまるでわからん。

夢を見たのだ

 また、見た。

 地下に売り場がある中古レコード店兼古プロレス雑誌店。そこで、レコードを探したが、前回同様、良いレコードがない。
 仕方なく、五年前のプロレス雑誌を読んだところ、メジャーになる前の篠田麻里子がインタビューで掲載されていた。倉持の娘がプロレス好きなのは知っているが、篠田嬢もそうだったのか。
 その店を切り上げ、愛ちゃんに案内されて他の店を訪れたが、解体工事中で廃業が数件。ヒマな?愛ちゃんは、コンビニの警報装置をならして逃げていたな。
 二階に売り場があるレコード屋は、クレープ屋になっていた。
 私の来ていたTシャツの文字が気に入らないと、灰色の顔の親父に背中を掴まれた。
 私の履いていた靴は何かの皮を足に巻くだけなので、歩きづらかった。

2013年8月24日 (土)

心ある方

 が色々アップしてくれているぞ。

http://g2.gakinko.net/bbs/60nen33/img/1931.jpg
http://g2.gakinko.net/bbs/60nen33/img/1932.jpg
 黒女完全版
http://g2.gakinko.net/bbs/60nen33/img/1933.jpg
 コウモリ男爵、大かむろの絵が違う。船ゆうれい登場。
http://g2.gakinko.net/bbs/60nen33/img/1934.jpg
http://g2.gakinko.net/bbs/60nen33/img/1935.jpg
 幽霊ハンター.モズマ、白髪鬼、いおう人間の絵がちがう。
 ぬっぺらぼう、はたおんりょう登場。
 もっとも、これが初出でなかったりするが、そこは拙著を見てね。
                                                                                                                メールを送ったが、連絡を取れなかったので、無断で載せてしまうが(すいません)。日本にいながらDynasty League Baseballを遊び尽くしている方のサイトです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~dbacks/dlb/index.htm

2013年8月18日 (日)

Hello, Baseball Game Fan of America fansかな??

http://games.groups.yahoo.com/group/tabletopbaseball/

ここの会員になったら、米国の同志が来てくれているようだが、
あまりにお粗末な文章で(ReplayのPが抜けていた、コーヒーをキーボードにこぼしてから調子が悪い)、見るだけで去っていくようだ。
I have many baseball games...Negamco, PTP, APBA, Starat-O-Matic, Sherco, Clubhouse, Sports Illustrated, ABC, Hot Corner, SPI , ASG, Statis Pro.....and so on.
まだ他にもあるが、まあ、良いでしょう。

Braves1

Braves2

1975年、阪急。

打率の低い選手の本塁打が多いのでビビりました。

まあ、そりゃそうですよね。

投手カードの方はリーグ平均値がどうのこうので、少し複雑です。

私の愛する巨人に一人で対抗した足立投手もデータは平凡だったりします。

タイガー・ザ・グレイト並みの存在感でしたよ、まったく。

52年のロッテとのプレイオフ最終戦で当然のように先発して完封した時は魔人に見えました。

しかし、初の日本一になったわりには阪急も低調ですな。

相手の広島カープも、外木場(20勝)・池谷(18勝)・佐伯(15勝)の三本柱でしたが、外木場以外は通用しませんでしたねえ(外木場の13イニングは、いくらなんでも投げ過ぎ)。三人ともその後パッとしませんでしたねえ。

次の優勝の時に池谷はまだ柱でしたが、北別府・山根・福士が主力ですから、移り変わりが早いですな。

2013年8月17日 (土)

1975日本シリーズをやるぞっ

Carp1

Carp2

とりあえず、作成開始。

うーん、合っているんだか…。

SBAの計算が上手くいかない…。わからない…。

守備はこれからやります。

阪急を作って、赤ヘル対豪腕・山口だっ!!

デザインにStatis Pro入ってるなあ…。

2013年8月16日 (金)

ビッグリーグマネジャーベースボール1959年ワールドシリーズ第二戦

 選手カードの表記と説明書がどうも一致しないので、おかしいなあと思っていたら、バージョン(時期)が違うのであった。

 後期のバージョンは、利き腕、球場別ルール、新盗塁ルール、Rare Playルール、死球レートなどがある。
LD 000 000 100  1
CW 101 001 00α  3
●ポドレスーラビンーコーファックスーウイリアムス
○ショウーロウンーSステイリー
本塁打=スミス
 ドジャースは初回一死一、二塁のチャンスに四番・スナイダーがショートゴロ併殺。ホワイトソックスは初回、ローラーの二塁打で先制。三回にはクルーズスキーの二塁打で追加点。六回にはスミスの本塁打で勢いづく。
 七回、フリーロのタイムリーでようやく一点を返したドジャースだが、一塁走者デミターが本塁で憤死。右翼手マッカニーの好返球が光った。
 九回、抑えの切り札ステイリーを投入したホワイトソックスだったが、ラーカー中前打、ホッジス左翼線二塁打と大ピンチ。ローズボロを浅い中飛に切ってとり、代打・ファーリーに四球を与え満塁としたが、代打エッセジアンを三振、ギリアムを二塁ゴロに打ち取り、クローザーの意地を見せた。これで一勝一敗。ドジャースは拙攻が目立った。
 慣れて来たので、試合時間が45分位。相変わらず、犠打のルールが曖昧だが。50が出たら、けが人発生なのだが、気付いたのは試合後。
 選手カードの作り方がわかるので(excelで組むのむずいが)、日本プロ野球を作る。何しろ、大昔の大リーグは、全然判らない。ドジャースも九回、代走を出したかったのだが、何がなんだが…。どんな選手か、判らないのよねえ。
 あと、選手名表記は全然自信がありません。

2013年8月15日 (木)

ビッグリーグマネジャーベースボール1959年ワールドシリーズ第一戦

 遂に一試合を終えたぞ! 日本人初か??????

(あ、「私は昭和35年、丸善書店で買ったBaseball Digest誌を見て、個人輸入し、辞書片手に随分、遊んだものだよ」という方がいらしゃったら、本気で尊敬します。残念なことに、そういう方はこういうブログは見てないよねえ)

Blm_2

私の稚拙な翻訳ルール(ゲーム中に間違い発見するんだからねえ)、

ルールブックの記載ミスも若干あり、ちょっと苦労しましたが…。

特に走者一塁で内野ゴロが出たら試合が止まってしまう(ルールが分からないから)。熟読、熟読。

スタメン

ドジャース   シーズン成績(http://www.baseball-reference.com/teams/LAD/1959.shtml)より

5 ギリアム  145試合 .282 3本 34打点 23盗塁

4 ニール   151試合 .287 19本 83打点 17盗塁

7 ムーン   145試合 .302 19本 74打点 15盗塁

8 スナイダー 126試合 .308 23本 88打点 1盗塁

9 ラーカー  108試合 .289 8本 49打点 0盗塁

3 ホッジス  124試合 .276 25本 58打点 3盗塁

2 ローズボロ 118試合 .232 10本 52打点 7盗塁

6 ウイルス     83試合 .260 0本 7打点 7盗塁

1 クレイグ   29試合 11勝5敗 ERA2.06 IP155.6

 三人しか知りません。

 スナイダーはコーチで有名、ウイルスは阪急によく走塁コーチに来てましたね。息子がバンプ・ウイルス(83〜84年に日本でプレイ、日本の水が合わなかったようでした)。

次にホワイトソックス

6 アパリコ    152試合 .257 6本 51打点 56盗塁

4 フォックス   156試合 .306 2本 70打点 5盗塁

8 ランディス   149試合 .272 5本 60打点 20盗塁

3 クルーズスキー   31試合 .297 2本 10打点 0盗塁

2 ローラー    140試合 .265 22本 84打点 4盗塁

5 グッドマン   104試合 .250 1本 28打点 3盗塁

7 スミス     129試合 .237 17本 55打点 7盗塁

9 リベラ      80試合 .220 4本 19打点 5盗塁

1 ウイン     37試合 22勝10敗 ERA3.17 IP255.6 

Card

簡単に打撃解決の流れを説明しますと…。

①四球チェック(打者のBB:14に投手のW:P2を加減、この場合は16)

スピナーを回します。

ボードの16の欄を使用して、スピナーのナンバーを参照し、結果を出します。

結果欄が空白なら、四球。(無走者で四球の場合、死球チェックへ)

②三振チェック

四球でなければ、打者のK:6に投手のSO:P6を加減、この場合は12。

ボードの12の欄を使用し、先のスピナーナンバーを参照し、結果を出します。

結果欄が空白なら、三振。

③安打チェック

三振でなければ、打者のBA:28に投手のPC:M7を加減、この場合は21。

ボードの21の欄を使用し、先のスピナーナンバーを参照し、結果を出します。

空白なら、安打です。(長打チェック、エラーチェックへ移行)。

良い投手はPCがM(マイナス)ですが、良い投手でもP(プラス)のケースもあります。塁に走者がいる場合は、PCの代わりにMOBを使用します。先頭打者は出しても粘り強い投手はこのMOBがマイナスになっています。

空白でない場合は、数字が書いてあり、内野ゴロ、ポップフライ、ライナーなどの結果が示されます。→エラーチェックへ

チェックが多いので一時間は掛かりました。バントのルールが複雑&誤植?でかなりあやふやでしたねえ。

試合

LD 000 100 000  1

WS 000 000 000  0

○クレイグーSシェリー

●ウインーステイリーーアリアス

ドジャースは4回、スナイダー内野安打、ラーカー四球、ホッジス右飛(スナイダー三塁へ)で一死一、三塁と攻め、ローズボロがセンターへタイムリーヒット。

ホワイトソックスは初回の無死一、二塁を併殺でつぶし、4併殺を食らう拙攻。4安打完封負け。

 印象としては、緻密さではAPBAを超えており、決してStrat-O-Maticにもひけを取ってはいない。しかし、遊びやすさでは少し、負けているかも。

 バーンズさんもこのゲームを「試合時間は長いが面白い」と言っていたように、これを改良して、遊びやすくしたものがStatis Proである…と言えるのではないかな。盗塁、バントをかなり簡素化したり。

 今日は疲れたのでこの辺で。

行くとこなし、することなし(野球ゲームは?)

Batbabaa

「血を吸うこうもり老婆」(りぼん1968年1月号より)

文/島本かおり先生 絵/石原豪人先生

 滋賀県に、、、伝わってないでしょう…。

 この島本かおり先生はたまに記事があるのだけれど、

誰かの変名ではないだろうか。はったりからすれば、我らが

中岡先生かも…。

Snow

冬のこわい話 ①雪女 小学四年生 1972.2より

文/石川茂先生 絵/石原豪人先生

…石原先生が描くだけで作品の質が異次元の領域にまで達する。

大人雑誌にも載ってないような絵だ。

 みの吉がキムタク顔ですな。

Kaiki

冒険王1968.2月号より。

「世界怪奇スリラー全集の宣伝」

右上に半魚人の図解があるが(ラーゴンか)、

本編未使用。

大伴先生の企画のようなこの挿絵、書き下ろしなのですな…。

秋田書店の力の入れ具合が凄い。

Yakyuu

「プロ野球七つの怪談」

文/五十公野清一先生、絵/斉藤寿夫先生

冒険王(秋田書店)1963年6月号より。

背番号4は、黒沢選手も出てくるネタ、マントルは勿論、

ミッキー・マントルで、彼の打球が球場の外を走っていた汽車に

運ばれていた牛に直撃し、牛が死亡。その呪いで腕が痛いという話。

マントルは牛にお供えものをして、痛みが治ったという。

2013年8月14日 (水)

Tommy Bolin WHIRWIND LP

Bolin

つむじ風=ヴィルベルヴィント(ドイツの対空なんとか自走砲だっけ)。

やはり、レコードだ。CDは、ずばり、しょぼいと愛ちゃんから聞いた。

夏休みも普段と変わらないな…。

2013年8月13日 (火)

ビッグリーグマネジャーベースボール研究中

 夏休みだが、予定がない私は野球ゲーム研究中だ。ルールの翻訳も少ししたが、つくづく英語力のなさが恨めしい。語学堪能でなければ、米国文化の野球ゲームをどうして知り得ようか。

 などと愚痴ってしまったが、BLMの選手レーティング計算方法もあっさり入手。まあ、あっているのかどうか、知らないけれど。
 選手レーティングの判っているゲームだけで、
 Statis Pro Baseball
    Sherco Baseball Simulation
    Negamco Baseball
    Big League Manager Baseball
 APBA Baseball
 と、ある。(他にもあるのだが、今度ね)
 全部、日本プロ野球でリプレイしている人はいないでしょう。
 私も、無理だな。
 とりあえず1959年のワールドシリーズをリプレイしたい。
 ドジャース対ホワイトソックスね。10月1日、ホワイトソックスの本拠地で
 開始か。(http://www.baseball-reference.com/より)
 ドジャースの選手で知っているのは、スナイダー、ホッジス(この人の名を使ったゲームもある)、ウイルス、コーファックスだけだな。
 ホワイトソックスは一人も知らない。第一戦は11−0でホワイトソックスが圧勝。
 
 

夢を見た2

 俺はホテルに閉じ込められていた。そのホテルにはミスターXと虎の穴のボスがいて目を光らせているのだ。

 奥の部屋で虎の穴の盲点をついた俺だが、出られない(食料はある)。ホテルの裏側は岸壁で、高さ千mで、海になっている。ロープを千mつなげ、ゴムボートを入手した俺は脱出を試みる。設定が外国なので、心配だったが、流れ着いたのが新潟。これはおかしい。ホテルへ戻る俺であった。
診断=実生活の閉塞感にとらわれていますね。

2013年8月12日 (月)

Heartbreaker、Soulbreaker、Maneater

 ワタミさん、受賞おめでとう。

2013年8月10日 (土)

うーん、悲しき夏バテか。

 野球ゲームが増え過ぎで対応できていない…。

 あせると滅入るので、あせらない。
 酒を飲むには、汗をかいて、と思い、運動をしたのだが、バテた。動けん…。

2013年8月 7日 (水)

ここはもはや

 野球ゲームのページなのだが、いまだに佐藤有文先生だの中岡俊哉先生だのでたどり着く人がいるのだな。コメントや意見がないと、やる気がでんのだ。

2013年8月 5日 (月)

もうすぐ楽しい夏休みでーす

 相変わらずの野球ゲーム研究に精を出すのだ。

 色々あって、思うように出来ないのが、残念。
 しかし、今年に入って野球ゲーム入手に力をいれたので、かなりの成果がある。
 勿論、周辺関係のゲーム本体以外も忘れてはいない。
 ルールの翻訳、少しさぼっっちゃったな…。
 英語の得意な学生にバイト料でも払って、やってもらおうかな。
 これはいいアイディアかもしれん。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »