2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

素晴らしいリンク

無料ブログはココログ

« オールスター | トップページ | Jokers Wild Low Budget Sport Card and Dice Games »

2013年7月21日 (日)

野球ゲーム歴史国内編2 タカラのプロ野球ゲーム 巨人対阪神

 ネットですっかり有名となり、90年代からはプレイ中の写真が主流となったため、トレーディング・カードにしか見えない本ゲームですが、最初の数年間は極めてボードゲーム色が強かったのです。

Gvst

1チームそれぞれ30名ずつの選手カード入り。

残念なのは、「昨年の成績に基づいて今年の試合を」という

APBAやStrat-O-Maticのリプレイ目的とは多少異なるニュアンスなので、

(もちろん、昨年の実績が今の実力という前提=リプレイなのでしょうが)

怪我で出場しなかった選手や、途中加入の選手がいないというゲームに

なってしまいました。まあ、仕方がないのですがね。

Oh1

Oh2

王選手です。前年、本塁打50本。

Tabuchi1

Tabuchi2

前年、不調の田淵ですが、やはりこの人が王さんを脅かすのが楽しい。

 まあ、どの選手がカード化されているかなんてのは他のサイトにあるでしょう。

 ベースボールカードマガジンにも記載されていましたし。

 どこかのサークルで内緒で不足選手カードを作ってくれませんかねえ?

不足選手リスト

巨人

二宮 至 守備固め。前年、100試合以上出場したのにカード化されず。

田村 勲 地味でしたかねえ…。

原田治明 代打で活躍。

福嶋知春 吉田が怪我のため、奮闘。強肩。

大北敏博 本塁打1。前年、見逃し三振の一打席で二軍に落とされました。

塩月勝義 地味でしたねえ。

杉山 茂 前年、かなり試合には出たのですがねえ。

迫丸公勝 やはり、地味でした。二軍では活躍。

平田 薫 大活躍は54年です。

中畑 清 対レッズ戦での本塁打をもう一度、見たいですね。

阪神

長谷川勉 欲しいですね。

宮田典和 地味でしたねえ。

新井良夫 開幕戦で山倉に本塁打されました。

工藤一彦 ブレイクは翌年。

松下立美 入院した巨人・山崎選手の話相手になり、感謝された方です。

峯本達雄 プロ第一号、最終でもありました。 

« オールスター | トップページ | Jokers Wild Low Budget Sport Card and Dice Games »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球ゲーム歴史国内編2 タカラのプロ野球ゲーム 巨人対阪神:

« オールスター | トップページ | Jokers Wild Low Budget Sport Card and Dice Games »