2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。努力しないやつと喜びは共有できん。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月に作成された記事

2013年4月28日 (日)

こ、腰が…

 日夜、愛ちゃんとともにレコードを探して歩いているのですが…。

 まあ、マニアの人なら分かると思いますが、
1)見たときに買え
 (「次の機会に…」と思って入手難を何度経験したことか)
2)本当に欲しい物は即買いしろ
 (他にもう一枚…などと思っていると他の人間に買われます)
3)とにかく足を使え
4)カタログ、雑誌広告は捨てるな
5)所有音源をデータ化しろ
 などは当然でしょう。でも、難しいですよねえ。
 愛ちゃん名言集も載せましょう。
1)ブートのスリックの色違いは、別のレコードだ!
2)サンプル盤と正規盤は別のレコードだ!
3)昼飯を抜けばレコードが買える!
4)ユニオンおまけ帯全部をつけた状態にするために、同じCDを買えるだけ買え!
5)帯のブートもすべて集めなければ本当のマニアではない!
6)何がハード・ロックだ! ニュー・ロックと言え!
7)最近のすその広いジーンズはベルボトムではない!
8)ケバイ女にロンドン・ブーツを独占させるな!
9)Tシャツはヘンリーネックシャツしか認めん!
10)男ならファズを使え!

2013年4月26日 (金)

さあ、休みだ。愛ちゃんと遊びに行くぞ。

 最近、親桜子ちゃんで検索する人が多いな。記事はまだ他に少しあるんだけど、訳合って出し惜しみ。

 野球ゲーム収集もすっかり例の一件でパワーが落ちましたね。
 全然名前を出していないBatter SwingsだとかBox Seat baseballだとかもあるんだけど、それは又の機会に。
 もう少しで気楽な立場になれるので、そうなれば、愛ちゃんことヒデト愛(ロザンナ)氏と活動が出来るのでは。基本的に60〜70年代絶賛スタンスです。
 

続きを読む "さあ、休みだ。愛ちゃんと遊びに行くぞ。" »

2013年4月15日 (月)

研究も大変だ…

 APBAを完成させたいのだが、気力が…。全投手のグレードを決定し、各グレード投手との算定割合から各球団の打撃ナンバーを出すのだ。一人一人の作業だから大変だ。

 打席数:失策=36:エラーナンバーから各チームの失策を割り出す…。
 そのうちやるか。Do It While I Can.....
 あちきは野球ゲーム以外にも趣味があるので、なかなか…。

2013年4月 2日 (火)

ちょっと前までのやる気はどこへ…

 頼んだ野球ゲーム四つがこなくてテンション下がりまくり。

 外人が商品を送って来ないときの理由で一番多かったのが「父親が病気で…」。
 かつてあるミュージシャンのファンクラブがあって、入会したのだが、最初はレターだのなんだのが来ていたけれど、カタログを見て注文したものは何ひとつ来ず、上記の返事が来たのみ。詐欺師め。
 まあ、私に来るメールの大半が詐欺メールですし。儲かってとまらない!だとかなんとか。
 だいたい、そんな簡単に儲かるか、あほ。今の日本のどこに儲かってしかたない仕事があるのじゃ。儲かる割には人から登録料をとったりするんだから、随分細かく稼ぐではないかい。
 最近、画像をアップしていないので、順位が下がる一方だ。
 「人の離れて行き方が凄かった」
 あいざき進也の言葉だ(愛ちゃんから聞いた)。
 フフフフ、ハハハハ、ヒヒヒヒ、ヘヘヘヘ、ホホホホ。

2013年4月 1日 (月)

ウルトラセブン研究読本

 評判が良いので購入。

 うーん、ピット星人にまで話を聞きに行っているではないか…。素晴らしい。
 もう45年前の作品なのだが、これほどまでにファンから愛される作品というのも、そうそう、ない。
 これからやるべきことは、ウルトラセブン関連記事一覧(多少、ファンコレなどであったような記憶が…。女性週刊誌に載った「ウルトラマン、結婚!」とかの一覧)。
 ZEPのファーストがあらゆる角度から研究されているように、セブンもそうなっているのだ。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »