2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから。

« うーん、だるい | トップページ | 最近、愛ちゃんが妙にアイドル事情に詳しいのだが »

2013年3月 2日 (土)

不思議な雑誌

 不思議な雑誌 日本文芸社

 当時の怪奇雑誌はどうだったのか…。

 この雑誌の注目すべき点は「表紙が秋吉巒先生」ということでしょう。

1

1963.6 「死神の呼び声に呑まれる難波船」村上人声先生(海難防止協会理事)

「霊魂は生きている!」久我重成先生(日本風俗史学会員)

「女の死霊が導いた犯人の家」安野雅彦先生(元満州演芸協会)

 翻訳記事で「南米に隠れ住むヒトラーと24人の親衛隊」なる記事も。

 冗談記事で「日の丸、法制化」ってのもあります。

 中山光義先生だけですねえ、知っているの。

2

1963.7

 食人樹に呑まれたアフリカ探検隊(向田俊郎先生)

 近く地球に大異変が起こる!?(山浦信吾先生)

 知りませんねえ(「お前の方が無名だろ」…ごもっとも)。

 日本妖婚物語「タニシに見初められた小町娘」「命を救われた魚が妻になった」

(窪田訓雄先生 日本民話の会会員)創刊号にもあったナイスな記事。

 やはり、中山光義先生しか知りません。

3

1963.8

 大菩薩峠の怪 山田克郎先生(作家)

 魔性が潜む玉川上水 月丘治先生(作家)

 女の屍体を秘蔵する墓荒らしの淫虐魔! 小沢勇次先生 元警部補

 興味本位の記事で、まるで「実話特報」みたい…。

この号は幽霊記事が多いですな。

4

1963.9 

「日本の妖怪変化」中山光義先生

東西怪奇読物体系ではペーター・キュルテンなども。

「あなたも霊能者になれる!」長谷川光洋先生 この方、心霊関係の著作ありますね。

この号も幽霊が多いな。

5

1963.10

「日本妖婚物語」命懸けで貴公子を恋した女狐 娘の難病を治した河童の悲恋

うーん、津田悠先生、湖山一美先生以外は知らない人ばかり…。

 私はヤル気がありませんが、「怪奇雑誌作家一覧」「エロ雑誌作家一覧」「エログロマンガ家一覧」などを資料が散逸する前に作る人がいませんかねえ。

 以前、どこかでSM愛好家の人が図書館を作ったというのを見ましたが(全然興味のないジャンルだが、後世に残したいという情熱は素晴らしい。絵も秋吉巒先生のがあるし)、ジャンルはともかく(笑)、気持ちは分かる。百年後に調べるのは相当大変なはず…。当時の人が生きているうちに…。

 この調子で全号やろうかとも思いましたが、疲れたのでいいや。

 

« うーん、だるい | トップページ | 最近、愛ちゃんが妙にアイドル事情に詳しいのだが »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

風邪をひいて寝込んでいるので,もう一度、調べます。

こんなに早く反応があって恐縮です。私の記憶では、昭和40年近辺だったと思います。偶然本屋で立ち読みしてその箇所が強烈だったので買って親に隠していましたので。開いた2ページだけでしたが。悪名高いブッへンヴァルト強制収容所のイルぜコッホの記事
です。開いたページの左上に白黒写真でサングラスをした二号時代の彼女の小さな横顔が強烈に印象に残ってます。

創刊号もちがいますね。

1~36号を見ましたが、ナチス関係の記事は三つ、ナチスの戦犯、人猿を作っていたナチス、売春婦になっていたゲーリングの娘です。ちょっと違うようです。

不思議な雑誌で「ナチの殺人鬼を捕えろ」と言う題材のあった号を探してます。       ナチスの強制収容所の所長婦人が三千人の男性捕虜を全裸にして整列させて眺めていたと書いてあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494347/49763899

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な雑誌:

« うーん、だるい | トップページ | 最近、愛ちゃんが妙にアイドル事情に詳しいのだが »