2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。努力しないやつと喜びは共有できん。

« トレカ・ゲームねぇ… | トップページ | あらら »

2013年2月12日 (火)

さて、

 APBAの選手カードを作ろうかと思ったが、データを探すのが面倒なので、1976年の巨人でもやってみるか?

 飽きました?
 どこかに昭和25年のデータもあるのだが、見つからない…。
 すぐみつかる1981年でもやるか?

« トレカ・ゲームねぇ… | トップページ | あらら »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

 ルールが分厚くてくじけているところです。

 Strat-O-Matic、APBA、Statis Proはルールブックが薄いですよねえ…。
 Shercoはちょっと多い。

 一球ごとのゲームは他にもあります。3MのBig League Baseball、The Baseballなど。
 一試合三時間はちょっと長いですねえ…。
 私のは買ったものは中古でしたが、帽子がついていました。

ultimate baseball the game が届きました アメリカのゲームには珍しい ピッチ バイピッチ つまり1球ごとにプレイするゲームです 

 アメリカのゲームは ピッチャー投げました 打ちました でダイス1回乃至2回振ればば結果が出るタイプがほとんどですが 1球毎というのは初めてです

 プレイ時間はリアルタイムで1試合3時間程度ということです

 APBA やStatis Pro などよりも時間がかかりますが究極の野球ゲームというだけに
 楽しみもあります  チャートもいろいろとあり これからルール解読を始めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494347/49364026

この記事へのトラックバック一覧です: さて、:

« トレカ・ゲームねぇ… | トップページ | あらら »