2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月に作成された記事

2013年2月27日 (水)

なんでも一人でやるのは無理だが、やるつもりだ

 追いつめられないとやらない男なので、野球ゲーム図鑑が進まない。

 雑誌に連載でも持てば、書かざるをないのだが、売り込む気がないし、勝手に書いて送りつけるわけにもいかないだろう。数年以内には作りたいのだが…。
 資料収集が大変。広く、浅く。
 ゲームのレビューをするにはある程度、プレイしないと駄目だろう。
 持っているだけで一試合もしたことのないゲームがたくさんある。このブログで名前すら出していないゲーム、ルールブックがないゲーム、箱が無いゲーム…。
 その「野球ゲーム図鑑」も入手方法は少々、変わったものにしようかと思っているのだ。同志には勿論、無料で進呈させていただくが…。
 英語がもう少し出来ればなあ…。

2013年2月25日 (月)

どうも、夜のガスパール=海賊男ビリーガスパーです

 余りの反響のなさに、妖怪路線へ転向することにした。妖怪路線に反響があったわけではないが。直リンク1くらいのものだ(引用元不明記、しかしそっちのブログの方が遥かにアクセス多し)。

 …と思ったが、やっぱやめた。何をしても、駄目な私。
 人が寄って来ない星の元に生まれたのだろう。うふふふふふふ。
 ハハハハハハハハハハハハッハハハ。
 イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ。
 追いつめられたら笑う、梶原先生のマンガの主人公だ。
 なお、このブログをTwitterでツイートするのは断固お断りする。他のブログやSNSは構わないが。

2013年2月24日 (日)

ふと、思ったが

 前に書いた話って誰向けに書いてんの? 個人的にメールでもすれば済む話?

 結局、Strat-O-Maticだのなんだの書いても意味が通じているのか?
 Googleで海外の有名野球ゲームを検索しても私と卓上さんしか出ない…。
 いや、どこかにいる筈だ!
 大昔にBaseball Digestを見てAPBAを海外に注文した猛者が!
 大昔にBaseball Digestを見てStrat-O-Maticを、Shercoを、Replayをっ。
 何故タカラを評価したか?
 「次のカードいつだろ?」「○○のカード欲しい」
 これが体験出来たのがタカラだけなのだ、70年代には。
(後年は殆どトレカなのは納得)。

National Pastime

 遂に復刻版を入手した。はっきり言おう、「素晴らしいぃぃぃいぃっぃぃぃぃ」。

 野球ゲームを愛する人なら、決して後悔しないはずだ。
 そのうち野球ゲーム殿堂を提唱するつもり―野球ゲーム大図鑑出版後―だが、あまりに興奮したので、いや、本当は野球ゲーム大図鑑を開いた時のインパクトのためにも取っておきたかったのだが、けちなことは言わずに紹介したのだ。
 おまけでAPBA JournalのNational Pastime 特集記事が掲載された号のコピーもあったが、いやあ、感動。
 セイツ氏はNPの新しいカードが欲しくて、手紙を何度も出したそう…。
 結果はなしのつぶて。
 バンビークさんにはExtra Player Cardsを求める手紙、スコアカードを求める手紙も来ていたそうだ。
 以前、Strat-O-Maticの記事を卓上野球機構さんが訳してくださったことがあったが、多少、違うコメントものっていた。
 ウエスト氏(バンビークさんの仮名)曰く、
「2000セット発注したんだが、800セットしか来なかった。印刷屋が破産してね」。
 どちらにしても、現存数5だが(笑)。
 そのコピーの最後にはセイツ氏の書き込み付きNPがオークション($1000スタート)だかなんだがで、載っている(バンビーク氏の協力で紛失した15枚のカードも再現だとか)。締め切り1997年3月15日だから、無理だな。金は惜しくないけど、手放さないだろうなあ、コレクターが。
 
 などと書いているうちに、荷物が二つ到着。勿論、野球ゲームです。
もはや、私の財産などどうでもいい! 数十年後に「幕張なんとかさんが居てくれたから野球ゲームの研究が助かる」と言ってもらうのだ、それまでにジャンルが破滅になってなければいいが。

2013年2月23日 (土)

1976年打者成績(リプレイ)

   試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 打率 失策

柴田 113 454 155 40   0    10  45  15 .341  2
高田 123 474 147 28   8    12  58    7  .310   5
張本 130 540 196 38   3    28  113    3  .363   3
王  120 425 145 14   2    43  121    0  .341      3
淡口    94 250    91 12   2    15  51    2  .364  4
ジョ 106 380    94 16   0    34  75    1  .247  5
吉田 113 362    96 15   0      6  43    2  .265  1
河の 117 364    74 11   3      7  27    4  .203  12
末次  95  206    65 10    0      4  28    0  .316   1
矢沢  46    92    16  3   0      2     6    0  .174  0
山本功 67    74    24  2   0      3     8    0  .324  0
土井  84  205   50  11   4      1  14     0  .244  6
槌田  74     5     1  0   0      0     1     0  .200  0
柳田  87 199    73  13   6    12     48     1  .367  0
上田  28    16    1  0   0     0     0      0  .063  0
原田  35    37    9  3   0     0    3      0  .243  0
山本和 62    33    13     2   0     2     7       0  .394  0
伊原  7  3
阿野  3  1
杉山  1
なんと、柴田、初の三割。何故こんなに打てたのか不明。
高田、まずまず。
張本、現実より少しいい。
王さん、BDのおかげで本塁打減。6月までで30本塁打で、こうなるとは…。
淡口、ゲームシステムの欠陥部分もあり、またしても打ちまくり。
ジョンソン、本塁打が7本多い以外はまずます。
吉田、まずまず。
河の、不調。
柳田、淡口と同様、打ちまくり。
山本功、淡口と同じ。
原田、他の左打者が打ちまくるので、地味。

久々の休みになにをグジグジ…

 APBA作成が止まった。

 1がHR、5はランナー一塁でHR。
 打者の走者状況別打席データなどあるわきゃないじゃろー(あったりする?)。
 大リーグはともかく、日本じゃ見たことない。
 走者の状況でナンバーの結果が変わるので計算できないのだ。
 とりあえずランナーなしの状況を参考に、投手グレード別対決予測打席を算出し、数値をいじれば、なんとかはなるだろうが…。
 しかし、そんなことやるより、他のカードが揃ってるゲームをリプレイした方がいいのでは…。時期で言えば、勝てない時期の長嶋巨人が好きなのだが…。大リーグはレジー・ジャクソンとかスティーヴ・ガービーの時代しか分からないのだ。
 
 実はStrat-O-Maticでのプレイをあまりしていないのだ。
ttp://my.opera.com/fbobberts/blog/index.dml/tag/Japanese%20SOM%20Baseball%20Seasons
ttp://www.oneforfive.com/free-strat-o-matic-japanese-hall-of-famersheroes-set/
↑ こういう方もいらっしゃるのだ。ペナントレースは無理だが…(その内、削除しますのでお早めに)。
 
http://www.strat-o-matic.com/products/1973-japanese-league-baseball-season-roster
↑ と思ったら、正式に出ていたのであった…(知らなんだ…)。
付記:1973はデータダウンロードでした…。PCゲームソフトがないと、使えません。

むずい

 APBAのカードを作成中だが…。解説の英語がむずい。これはARの英語にも感じたのだが、数学の教科書みたいな表現なので、意味が解らん。

 APBAの本ではBNとWNの意味が分からない。BNは36、かと思ったら1引けだのなんだの…。
 ヒットナンバーが投手グレードに影響されるから云々は分かるのだが、
 ざっくり、
 打席:単打=36:X
 打席:二塁打=36:X
 打席:三塁打=36:X
 打席:本塁打=36:X
 じゃ駄目なの?
 英語力がないんだなあ…。宝の持腐れ…。
 これでは、Negamcoの解読も難しそう。
 こうなったら独学で…。

2013年2月19日 (火)

守備

 1976年のセントラルリーグリプレイでの守備成績だが、実は内野手の失策が驚異の少なさだったのだ。

 Statis Proのアウト内容がどうも、現実よりゴロが多いようなので、外野フライを増やしたのだが…。
 結果は外野フライを増やしすぎたようなのだ。
 「ベースボロジー」という実に渋い内容の本を読んでいたら、オールスターベースボールの作者の牧さんという方が、「外野フライ・内野ゴロ・内野フライの割合はおおよそ、3:6:1」と書いてあるを見て、目が鱗に。
 いや、言い方が違うな。2:5:2位に思っていたので、少し驚いたってところかな。
 Statis Proのオリジナルの失策が5割増し(盗塁、犠打のエラーも含まれるのだが)だったので、外野フライ増やしたんだがなあ。失敗。
 投手のカードに、例えば西本(巨人)なら、G6、GX6、G5を作る。
 打者カードに、例えば原(巨人)なら、F4、F6、FD7を作る。
 凡退内容を平均化し、選手カードでその選手の偏りを再現。
 ブーマー、大杉ならG6、G5が増えよう。
 
 しかし全選手の凡打内容まで調べるのかな…。
 投手からみた凡打内容、球場別凡打内容…。

2013年2月18日 (月)

符合

1931年 National Pastime

1941年 All Star Baseball

1951年 APBA Baseball

1961年 Strat-O-Matic Baseball
1955年 エルビス・プレスリー
1965年 ザ・ビートルズ(デビューはもう少し前だが)
1975年 セックス・ピストルズ
1985年 ジグジグ・スパトニック
うーん、奇妙な符合だ(←意味分かる?)
愛ちゃん位かな? 

2013年2月17日 (日)

悪戦苦闘中 1973年の巨人投手陣(APBA)

秋本祐作  D(Z)(R)

小川邦和  D(Y)(Z)(R)
倉田 誠  C(X)
小林 繁  B(Z)(R)
島野 修  D(Y)(W)
菅原勝矢  D(Z)(R)
関本四十四 C(Z)
高橋一三  A(X)
高橋善正  D(Z)
玉井信博  D
新浦寿夫  D(X)(W)
堀内恒夫  D(Z)   特別ルール 日本シリーズA(Z)
松尾輝義  D(W)
横山忠夫  D(W)
 うーん、苦しいですねえ。これで優勝できるんでしょうか。
 なお、AJRPの基準に従って記載していますので(よって「熱闘」ではなくAPBA)、「○○のグレードはE」「○○は**だろ」は受付ておりません(笑)。
 打者はリーグ平均被安打率だのを算出するようで、いやはや、今から頭が痛い。

2013年2月15日 (金)

新野球ゲーム到着

 来ました。評論は今度ね。

2013年2月12日 (火)

あらら

 卓上野球さんのところであたくしが検索ワード一位ですな…。

 うーん、迷惑じゃなかろうか…?
 いや、いいのかな?
 どちらにしてもコメントを全然もらえないのが寂しいところ。
 検索はしても、コメントはしてもらえないのだ。
 難しすぎる?
 偉そう?
 神経質そう?
 怖い?
 自慢するな馬鹿野郎?
 怪奇画像で来たけど最近全然更新しない?
 何者だこいつ?
 気持ち悪い?
 怒られそう?
 AJRPとか、わけわかんない?(APBA Journal Reference Packの略です)
 けちってないでもっと紹介しろ(PTPとか書いてませんからねえ)
 鞘師だと?ロリコンかこいつ(違います)
 最初はみんな初心者。海外のコレクターに比べれば私など、吹けば飛ぶような存在でございます。
 

さて、

 APBAの選手カードを作ろうかと思ったが、データを探すのが面倒なので、1976年の巨人でもやってみるか?

 飽きました?
 どこかに昭和25年のデータもあるのだが、見つからない…。
 すぐみつかる1981年でもやるか?

2013年2月11日 (月)

トレカ・ゲームねぇ…

 タカラの野球ゲームをトレカ・ゲームに分類するむきもあるが、あれは三原監督考案ゲームの正統的な後継者なので、違う。違うと思うではなく、違う。

 でもカードとして集めても全然問題があるわけではないが。
「ゲームとしてあまりにも…」。あのー、同じ時代の他のゲームは?
 ってなわけで、トレカ・ゲームも研究する必要がありそうだ。(←意味不明)
 勿論、興味は無い。
 とりあえず、手元にある十二指腸潰瘍が気の毒な田中れいな嬢が表紙のベースボールゲームマガジンから拾ってみる。(表紙に鞘師を頼む。愛ちゃんは生田だ)
バンダイ プロ野球オーナーズ・リーグ
SEGA  Card -Gen(MLB)
KONAMI Baseball Heroes
マーベラスAQL ブラウザプロ野球(ネット)
コロプラ プロ野球PRIDE(I-Phone)
モブキャスト モバプロ(携帯電話) 
 カードゲームはこれくらいか。ネットだの携帯だのはちょっと違うかな。雑誌は殆どオーナーズ・リーグの宣伝誌のようだが、まあ、仕方ないのだろう。一概に悪くは言えない。…けど、カード無しだと100円になっちゃう雑誌だからねえ。中身がさみしい。
 結局、いいカードを持っている人が勝てる→カードを買え ということ。
 商売だからいいんだが、12球団全部集めないとペナントができないではないか。好きな選手でチームを作って遊ぶしかない?
 ボードゲームとの比較の優劣など語っても仕方がないのだが…。
 例えば巨人で戦いと思っても、坂本や長野のカードがなかったら戦力ダウン巨人になっちゃうわけだ。しかも坂本・長野のカードが複数あるとか。
 選手カードがバラ売りの熱闘12球団なんて欲しくないよな…。
 交換とかして交流は出来るかも…だが。いいこともあるかな。
 かつてはプライム9とか、Power League、フィールドオブ9とかがありましたが、数枚しか持っておらず、遊んだこともないので解りません。MLBショーダウンも持っていないよ。
 結局、実情を知らないのでろくなことが書けないではないか。引っ張り出してやってみるかね。

打者データが載せられない(でかくて)

 そろそろ違うゲームのリプレイを…。

 APBAで1973年阪神のリプレイを検討するのだ。
 阪神は最終戦までいかずに優勝出来るのか?
 だが、データが無い。→ 自分で作る → そのデータ合ってるの?
 そこで、AJRPよりAPBAカードの作り方を参考にしよう…と思ったのだが、
 英語がムズい。80%位は解るんだけどねえ。
 もちろん、著作権があるので、ここで紹介なんてことは出来ないのだが(こういうことやっていると自慢かと思われるのが辛い)、問題ない範囲でやってみるか…。
 …と思ったら守備成績しか持ってないのであった。
 いや、実はあるんだけど、個人別なのよね…。一人一人拾わないと…。

2013年2月 9日 (土)

むずい

1976g

 見えますかねえ? 上が実際、下がリプレイです。

(クリックで巨大化します)

 新計算式での投手成績。計算上は合うはずでしたが…。

 投手カード本塁打は成功と言えるでしょう。

 投手起用はまずまずでした。ほぼ現実通り?

 誤算は、

 新浦が良過ぎた。ライトが良過ぎたことですかねえ。

 4−8でほとんど実際の小林の成績そのまま。

 同じ4−8の新浦は5月がぼろぼろでどうなるかと思いましたが、

 後半は8勝0敗2S。大失敗です。

 ライトは初登板がめった打ちでしたが、6月17日以降、12連勝。

 しかし、チーム成績は現実とほぼ一緒でした。ふしぎなバランスですね。

決戦じゃ

10/2

S 000 100 222 7
G 000 002 010 3
○松岡ーS鈴木
新浦ー●高橋ー小川ー倉田
本塁打=大杉②(高橋)、王(鈴木)。ロジャー②(倉田)
 救援の高橋が大杉に痛恨の一発。
10/3
G 000 020 025 9 
S 101 200 010 5
加藤ー小川ー高橋ー○堀内ー倉田
会田ー●小林ー西井
 本塁打=張本④(西井)
 またしても張本の劇的な満塁本塁打。
10/4
G 000 100 020 0 3
S 000 000 210 0 3
ライトー小川ー小林ー△加藤
△安田
本塁打=王(安田)、若松(小林)
 白熱の戦いも分ける。
10/5
G101 000 022 6
S401 130 00α 9
●堀内ー倉田ー中山ー小川ー高橋
○浅野ー渡辺ー榎本ー石岡
本塁打=ロジャー②(堀内)、マニエル②(倉田)、河の②(榎本)、柳田②(石岡)
 堀内乱打され、痛い敗戦。
10/7
G 300 000 040 7
W 103 001 100 6
小林ー加藤ー○小川ーS新浦
●平松ー奥江ー杉山
本塁打=王③(平松)、シピン(加藤)、張本②(平松)
 八回、救援の奥江から矢沢が決勝二点タイムリー。最終回、大洋は一死満塁と攻めるも田代、山下が凡退。薄氷の勝利で後楽園決戦へ。
巨人 73−35−12    残りTTTTTCCC
阪神 68−40−12 5  残りGGGGGDWWWS
10/10
T 000 001 000 1
G 003 011 00α 5
●古沢ー上田卓ー長谷川
○堀内
本塁打=ラインバック(堀内)
 三回、堀内の二塁打を足がかりに、柴田・張本の二塁打、王のタイムリーで先制。五回には再び張本の二塁打で追加点、六回には堀内がタイムリー二塁打。堀内は5安打に抑え完投勝利。巨人にマジック3が点灯。
10/11
T 002 100 000 3
G 102 002 11α 7
●江本ー池内
○ライト
本塁打=張本②(江本)、張本②(江本)、ライト(江本)
 9安打を打たれながらライト完投でマジック1。
 
10/12
T 000 000 000 0
G 000 020 00α 2
●谷村ー山本和ー安仁屋
○小林
 淡口の二点タイムリーで決着。巨人、V奪回。
10/13
G 110 210 002 7
T 001 000 001 2
○新浦
●古沢ー上田二ー山本和ー安仁屋ー上田卓
本塁打=ジョンソン(古沢)、佐野(新浦)、田淵(新浦)
10/15
G 020 200 000 4
T 100 003 03α 7
加藤ー●小川
江本ー長谷川ー○安仁屋ーS山本和
本塁打=王(江本)、末次(江本)、ラインバック③(加藤)、池田②(小川)
10/16
G 000 100 000 1
C 003 011 01α 6
●堀内ー高橋ー中山
○高橋里
本塁打=ホプキンス③(堀内)、三村(高橋)
 何と柴田と末次が激突。それぞれ、11試合・13試合の休場。
10/17
G 230 410 000 10
C 400 133 00α 11
横山ー水谷ー●倉田ー中山
外木場ー北別府ー小林ー○渡辺
本塁打=張本②(外木場)
 優勝して気が抜けたのかFACをよくきっていなかったか、今度は淡口と柳田が激突。それぞれ、11試合、20試合の欠場。あのー、シリーズはおろか翌年のオープン戦まで欠場ですかね?
10/18
C 000 110 00× 2
G 000 303 0×  6
●外木場ー北別府
○小林
本塁打=ホプキンス(小林)、ジョンソン③(外木場)
 コールド・ゲーム。全日程終了。 

2013年2月 6日 (水)

さあ、一直線

9/4

S 000 100 100 2
G 010 010 01α 3
●安田
小林ー倉田ー高橋ー○加藤
本塁打=王35号(安田)、高田12号(安田)
 同点の8回、高田の決勝本塁打。
9/5
S 001 000 000 1
G 000 010 10α 2
●松岡ー浅野ー榎本
○新浦(39試合10勝6敗5S)
本塁打=ロジャー(新浦)、王36号(松岡)、柳田6号(松岡)
 またしても新浦快投。柳田が決勝本塁打。
9/6
S 000 004 100 5
G 002 000 010 3
○会田ーS小林
ライトー●小川ー高橋
本塁打=永尾③(小川)、張本19号(会田)、大杉(小川)
 会田の粘りにやられた。
9/7
G 100 000 000 1
T 011 130 10α 7
●堀内ー高橋ー小川
○谷村
本塁打=ラインバック(堀内)、田淵(小川)
 これで5ゲーム差。
9/14
T 021 040 000 7
G 000 000 500 5
○江本ーS山本和
●小林ー高橋ー水谷ー小川
本塁打=ブリーデン②(小林)、ラインバック(小林)、ラインバック(小林)、田淵(小林)、王37号(山本和)
 阪神の一発攻勢、4ゲーム差だ!
9/15
T 000 100 000 1
G 001 001 00α 2
●古沢
○新浦ーS加藤
本塁打=ブリーデン(新浦)
 王さんの決勝二塁打。しかし、新浦の好調ぶりは…。
9/16
T 000 000 210 3
G 002 214 00α 9
●谷村ー池内ー米田ー上田卓ー上田二
○ライト
本塁打=田淵(ライト)
 再び6ゲーム差。
9/18
D 002 030 001 6
G 120 000 000 3
○松本ーS堂上
●堀内ー倉田ー小川ー加藤
本塁打=谷沢(加藤)
 二番手・堂上パパの力投に屈す。
9/19
D 100 000 000 1
G 000 000 000 0
○鈴木孝
●小林
本塁打=高木(小林)
 小林が勝てなくなってきた。4安打完封負け。
9/21
G 012 000 000 3
W 000 000 000 0
○新浦
●奥江ー三浦ー間柴ー渡辺ー小谷
 新浦が2安打2四球に押さえる力投。後半戦の救世主だ。
9/23
G 010 000 000 1
W 000 000 000 0
○ライトー加藤ーS小林
●高橋ー三浦
 河のが決勝タイムリー。大洋打線は淡白だなあ。
9/24
G 021 125 012 14
D 102 000 000  3
○堀内ーS高橋
●堂上ー稲葉ー竹田ー早川
本塁打=柳田6号②(稲葉)、7号④(稲葉)、吉田6号(早川)
 柳田が5打数5安打7打点の大爆発。
9/25
G 030 020 211 9
D 400 002 000 6
小林ー加藤ー○新浦
青山ー松浦ー●鈴木孝ー早川ー竹田ー佐藤
本塁打=木俣④(小林)、河の5号②(青山)、王38号(青山)、柳田8号(青山)、島谷(加藤)、柳田9号②(鈴木孝)、柳田10号(早川)
 柳田が三連発の4打点。新浦が3回2/3を5三振の力投で13勝目。
9/26
G 200 413 040 14
D 000 000 002  2
○加藤
●松本ー土屋ー金井ー村上
本塁打=河の6号④(松本)、柴田9号(土屋)
 猛打爆発。柳田が満塁走者一掃の三塁打で3打点。
9/29
C 021 000 000 3
G 000 211 00α 4
●佐伯ー金城ー三輪ー渡辺
ライトー○高橋ー新浦ーS加藤
本塁打=水谷②(ライト)
 ライトが5回、判定にクレームをつけ、退場。柴田の押し出し四球で勝利。
9/30
C 000 101 020 4
G 001 200 000 3
高橋里ー○金城
堀内ー●小川ー倉田
本塁打=シェーン(堀内)、水谷②(小川)
 またしてもミズマーにやられた…。
10/1
C 000 000 000 0
G 011 003 00α 5
●池谷ー三輪ー小林
○小林(36試合15勝8敗5S)
本塁打=柴田10号(池谷)
 小林が完封で15勝目。阪神とは5差。
 

2013年2月 3日 (日)

うーん

 野球ゲームを買おうとしたのだが、何故か支払いシステムに全然ログイン出来ない。これはムリかも。今更国際為替とか面倒だもんなあ。

 何度パスワードを入れても、跳ね返される。やばい?
(続き)
 どうにかこうにか注文できました。メールを出したらすぐ返事が来たので、出来ました。届き次第、紹介します。

2013年2月 2日 (土)

燃えてきたよん

8/21

D 200 010 000 3
G 000 000 011 2
○青山ーS鈴木孝
●小林ー高橋ー小川ー倉田
本塁打=谷木(高橋)、山本和2号(鈴木孝)
 青山の好投に屈す。
8/22
D 000 100 000 0 1
G 100 000 000 1α2
堂上ー佐藤ー●鈴木孝
新浦ー○加藤
本塁打=マーチン(新浦)
 柴田、サヨナラ安打。
8/23
D 000 000 001 1
G 000 300 00α 3
●松本ー松浦ー佐藤
○ライトーS小林
 ライトが好投。
8/24
W 200 000 002 4
G 000 020 30α 5
●奥江ー田村ー杉山
○堀内ーS加藤
本塁打=王32号②(奥江)、高木②(堀内)
8/25
W 000 000 102 3
G 003 300 00α 6
●高橋ー田村ー間柴ー小谷
○高橋ーS小川
本塁打=ゲーリー(高橋)、福嶋②(高橋)
 高橋が好投、土橋コーチに5m飛ばされた甲斐があった?
8/29
G 000 000 420 6
S 010 000 011 3
○小林ーS小川
●安田ー鈴木
本塁打=張本18号満塁(安田)、ジョンソン33号②(鈴木)、水谷(小川)
 劇的なハリさんの満塁本塁打。安田は自責点0。
8/31
W 000 000 000 0
G 200 000 01α 3
●平松
○新浦
本塁打=王33号②(平松)
 柴田とジョンソンが打球を追って激突、14試合・20試合の欠場。
9/1
W 000 000 000 0
G 000 002 10α 3
●高橋ー三浦ー山下律
○ライト(15試合10勝2敗)ーS加藤(37試合9勝6敗11S)
本塁打=王34号②(高橋)
 ライトは9連勝で10勝目。
9/2
W 000 030 002 5
G 015 330 00α 12
●根本ー田村ー小谷ー間柴ー三浦
○堀内(28試合9勝8敗)ー倉田ー高橋
本塁打=淡口13号(小谷)、シピン②(堀内)
 王さんがファウルを追ってフェンスに激突、10試合の欠場だが…このシリーズはデータ検証のためのものなので、この試合のみの欠場とした。既に10試合欠場しているので、この辺は改良の余地がありそう。なお、純粋なペナント争いなら、勿論、欠場にして、苦しい楽しみを味わうであろう(注「インチキ!」とか言わないでね)。いつの間にか2位阪神と7ゲーム差っす。

野球ゲーム愛好家の皆さんへ

 野球小僧という雑誌があって、たしか創刊号だったか創刊準備号だったかで、野球記録の神様宇佐美さんがインタビューを受け、そのなかで野球ゲームについて言及していたことがあった。それなので、その時、野球小僧に大いに期待したのだ。その野球小僧が80年代野球読本だかっていうムックを出していたので見たら、なんと野球ゲームの項目が。以前、私が苦手なスポーツライターの玉木正之氏が、「野球文化云々」ということを書いており、珍しく共感できたことがあったので、「そうかあ、さすが野球小僧、野球文化も取り上げるわけだ。熱闘12球団なんかに言及してるのだな」と思ったのだが、なんと、全部ファミコンの話。ふはっ。

 本日、野球カード専門店でカードなしのベースボールゲームマガジンを100円で購入したのだが…、読むところがない。一番真面目に読んだのが田中れいなインタビューでした。
 週刊ベースボールも、野球ゲームの広告も載せてよ。トレカとゲームがごっちゃになるので、ドリームナインだのなんとかリーグだけじゃ駄目だよ。
 そこで情報発信が大事なのだ。卓上野球を愛する人は画像を載せ、リプレイ記録を載せ、マイナーゲームを紹介するのだ。
 
 もう野球ゲームに走りますので、怪奇画像とか期待しても無駄ですよ。
 野球ゲームは永久に不滅です。
 野球ゲーム殿堂を考えているのだが、
 三原 脩
 クリッフォード・バン・ビーク
 イーザン・アレン
 ディック・ザイツ 発音?
 ハロルド・リッチマン
 ジェームズ・バーンズ
 これらの偉人に続き、君が続け。野球ゲームを発表しろ。
 野球ゲームブログを作れ。
 アメリカの野球ゲームは100位あるぞ。
 日本は10も思いつかん。駄目だ、駄目だ、駄目だ。だからだめなんだ。
 走れ、佐野次郎、あっ。
(責任重いのでちょっと修正)2月6日 22:23

続きを読む "野球ゲーム愛好家の皆さんへ" »

2013年2月 1日 (金)

無人の部屋2

 情けない愚痴を書いてしまった。

 反省して、一気に七つの野球ゲームを注文(ってか送料問い合わせ)。
 届いたら全部、紹介します。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »