2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。努力しないやつと喜びは共有できん。

« Excelは偉大だ | トップページ | 私の考えた投手カード作成法は »

2012年10月13日 (土)

完成だ

Excelで実際の成績をああだこうだやって数式を作成。どのPB数でも被安打、奪三振、与四球が現実に近くなるよう設定。まず、2-7なら

Newegawa

 被本塁打34にするなら、

Newegawa2

 ちなみに説明書通りにつくると、

Sonomamaegawa

 ネットで数式を発表している人のが、

Aruhitonoegawa

表を組んでわかったのが、

PB数が悪くなる程安打は減る(説明書では逆)

PB数が悪くなる程三振・四球は増える(これはそのまま)。

この微妙な組み合わせでカードは作れる。

しかし! 入力が超めんどい。

« Excelは偉大だ | トップページ | 私の考えた投手カード作成法は »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

自分はデータ検証の為に60試合のペナント。

その後130試合やってました。


ケガ無い、牽制無い…。
まあ、リアルとは程遠いゲームでしたが。

 数字の入力は楽しいのですが、引っ張ったはずのExcelの数式が何故か反映せず、数式コピペ繰り返しがあまりにも大変なのです。

 ベストプレーは随分やりましたねえ。あの打撃指数変動、二塁打多過ぎ、俊足選手有利(打率+内野安打)がどうももう一つでしたね。
 でもいい加減なチーム作って一晩放置で結果を楽しむとかやってましたねえ。

こんにちは、Iron Flatです。

面倒なのが楽しそうですね~。 (≧∇≦)

昔、[ベストプレープロ野球]ってあったのご存知ですか?
ファミコンのソフトなんですけど。


自分もリアルにしたくて、データ設定に数週間掛けた覚えがあります。


まあ、面倒だからこそ楽しいのかな~。(^_^;)

また、遊びに来ますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494347/47428771

この記事へのトラックバック一覧です: 完成だ:

« Excelは偉大だ | トップページ | 私の考えた投手カード作成法は »