2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

素晴らしいリンク

  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。努力しないやつと喜びは共有できん。

« 中岡俊哉先生その3 佐藤有文先生その3 | トップページ | 1980年10月25日 »

2012年9月16日 (日)

日本シリーズに向けて

 近鉄の戦力調査のため、試合を始めたところ、一回裏で雨のため中止。これだからStatis proって…。

 けちらないで1980データを公開したかったのだが。リプレイ結果が微妙なので(例によって87と88が左打者ヒットー左投手が少ないゆえ王、淡口、篠塚とも打率が現実より高い―ゲームシステムの欠陥だが)、恥ずかしくてとても公開できない。

 日本のシミュレーション野球ゲームファンは、現状では、
 1、熱闘12球団ペナントレース(おにちゃんさんのサイトなど)
 2、The Big野球(ゲームマーケットなどで買えるらしい)
 3、卓上野球機構(興味のある方は連絡してみては)
 4、インパクトベースボール(未所有なのであまり言えない)

 などを入手するしかないのです。

 その他選手カード作成方法が明らかにされているゲームとしては、
 1、Statis Pro Baseball
 2、Sherco Baseball Simulation
 3、Negamco Baseball

 がありますが、1はともかく、2と3を持っている人は限られるでしょう。
 (加えて作る気力が…。選手データも入手が面倒だし、左vs右とか分からないし。)
 日本でAPBAとStatis Pro位しか知名度がないのも頷けましょう。
 Strat-O-Maticの日米の温度差と来たら…。Dynasty、Replayに至っては…。
 

« 中岡俊哉先生その3 佐藤有文先生その3 | トップページ | 1980年10月25日 »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494347/47096140

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズに向けて:

« 中岡俊哉先生その3 佐藤有文先生その3 | トップページ | 1980年10月25日 »