2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから。

« ふと、疑問に思う。 | トップページ | 実験を始めようかな »

2012年5月16日 (水)

さらに疑問に思う

 Statis Proが最高です、などと言っても殆どの人は存在すら知らなんだ…。

 このゲームの投手能力はPB数というので決まっているのだけれど、もとはサイコロゲーム(とスピナー)のゲームだったので、2〜12で表現されている。
 PBとは試合をコントロールする能力のことなのだが、いい投手から2-9、2-8、2-7、2-6、2-5となり、2-9の投手は10、11、12の目がでないと打者カードを使用できないのだ。早い話、2-9の投手はまるで打てないのです。…故にこの投手は5%(同一リーグ)までしか存在してはいけないことになっており、2-8は10%までとなっているのです。まあ、FAST ACTION CARDの目も、ランダムナンバーも偏りがあるので(2~12がさいの目の確率になっていない、ランダムナンバーの数が等しくないなど)、改良の余地がある。アウト欄もめちゃくちゃだし。などど書くとさらに分からない人は分からなくなるでしょうねえ。

 最近のStatis Proマニアの意見を総合すると、PB数4-7や5-8というもアリではないかというのが見え始めている。
 コントロール率でいうと、
 2-9 83.3% 30/36 
 2-8 69.4% 25/36
 2-7 58.3% 21/36
 2-6 41.6% 15/36
 2-5 27.7% 10/36 となる。
 ちなみに防御率で言うと(勿論、打高投低や投高打低があるので、毎年変わる)
 2-9 ERA 1.50↑
 2-8 ERA 2.25↑
 2-7 ERA 3.65↑
 2-6 ERA 4.80↑
 2-5 それ以外   といった所か。
 投手の勝率が極端に高かったり、負け数が多かったりした場合はそのときの判断がある。
 上記の投手が一定のパーセントで存在し、打者と対決すれば、打者の成績が現実に近づくのだ。

 しかし、私がリプレイした結果、そうはならなかった。
 優勝したチームは総じて投手が良いので、2-8、2-9が存在する。最下位チームには当然、いないか、少ない。優勝チームがいい条件で打撃が出来てしまうので、現実以上に打ててしまい、チームが勝ってしまう(まあ、まったく同じになってもおかしいけど)。
 そういう悩みに加え、一番の悩みがPB数2-8と2-7の判断なのだ。
 2-8の投手はまるで打てない場合がある。
 2-7の投手は全然、通用しない場合がある。
 結果、防護率がそれほどよくないが勝てる投手、総合的に2-8と2-7の中間位の投手、防御率はいいが本塁打を打たれやすい投手(江川か)などが厳しいのだ。
 そこで、前述の4-7などが考えられるのだ。
 2-9 83.3% 30/36 
 2-8 69.4% 25/36
 3-8 66.6% 24/36
 2-7 58.3% 21/36
 4-7 50.0% 18/36
 2-6 41.6% 15/36
 2-5 27.7% 10/36
 ただし、こんな投手を作ったらどういう割合になるのかEXCELで表でも組まないとわからない。

 って、こんなこと書いたらますます訳が分からないのだ。

« ふと、疑問に思う。 | トップページ | 実験を始めようかな »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

海外のマニアが作ったやつはイチローのOBRがDなんかでびっくりしますね。SPはAとかね。

素晴らしいゲームですが、改良も必要ですね。OUT欄とか(オリジナルルールでは11〜48辺りは殆ど使用しないので、51〜88のOUT欄を使うのですが、偏りがひどい。張本、若松が四打席連続サードゴロなど)。

Statis Pro は私も好きです 最近はネットでいろんな年や オールタイムのチーム
の選手カードが手に入るので楽しんでいます 

 確かに 2-8のピッチャーは強力ですね 2-7は意外によく打たれることがあります

 只 2-8でも ヒットが1-22位まで打たれたり 2-7でもヒットが 1-17位のピッチャーもいたりして、そこが起用するのに悩み所です

 クローザーでレートが2-7でもヒットが11-15のようなピッチャーもいますから
逆に2-9でも11-23でヒットになるピッチャーもいます

 私がネットで入手したものでは  4-9 4-8 4-6 等のレートがあります
 また球場の効果によりランダムに登板日の調子によりレートが変化したりします

 とにかく Statis Pro は良くできたゲームだと思います

  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494347/45288481

この記事へのトラックバック一覧です: さらに疑問に思う:

« ふと、疑問に思う。 | トップページ | 実験を始めようかな »