2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

素晴らしいリンク

  • 秋吉 巒 の孫のブログ
    お孫さんのブログです。ドラゴンブックス・佐藤有文先生愛好家にとっての絶対的存在。必見。
  • おにちゃん徒然日記:So-netブログ
    「熱闘12球団ペナントレース」のカードを発表されているナイスなブログです。
  • 卓上野球機構
     日本で数少ない野球シミュレーション・ボードゲームを追求するサイトです。こういうサイトが百位あればいいのですがねえ。
無料ブログはココログ

幕張本郷猛の怪奇画像集

  • 百目?
     あくまでも引用の範囲内で載せさせていただいているつもりです。著作権を所有される個人・団体の方からの一報があれば、即座に削除させていただきます。じゅぼっこ、首かじりなどを調べるならまずここから(wikiはここから無断参考)。努力しないやつと喜びは共有できん。

« Baseball Strategy (Avalon Hill) | トップページ | Baseball Strategy (Avalon Hill 1980) »

2011年7月25日 (月)

Baseball Strategy (Avalon Hill, 1973)

 改良版。これが日本でもっとも良く知られているものであろう。
Baseballstrategy1973
 打者のタイプは長距離砲と単打狙いの打者となり、それぞれスイングに打率の制限を受ける。利き腕による効果も導入された。かなり対戦時に頭を使うものになった。
 投手はエース、一線級、二線級からなるのだが、
 エースは  A、B、C、D、E、F、G の球種を持つ
 一線級は  B、C、D、E、F、G の球種を持つ
 二線級は  C、D、E、F、G の球種を持つ
 という風にかなり細かく設定された(追加ルールも明示されている)。
 勿論、疑問点はある。長打が狙ったっときにしかでない(ヒットの延長が本塁打の考えがないので、絶対に本塁打を打たせない采配も可能。かなりの高出塁率を与えるが)。また、鈍足でも三塁打が打ててしまう、打者の二塁打能力、三振、四球/死球(結果に無い)が考慮されていない。限りなく本塁打を打てない選手(中日:正岡、梅田などが再現できない。逆転本塁打を打つ正岡も見てみたいが)の再現が難しいなど。(勿論、そのために自分でルールを作る楽しみがあるのだが)
 また打球方向の概念がないので、例えば外野に一人でも下手な選手がいれば守備力の評価が低くなる。例えばライト:ウイリアムス(阪急)センター:福本(阪急)レフト:土井(太平洋)の布陣ならば、平均的外野になってしまう。
 などと文句を付けたが、素晴らしいゲームだ。自分でルールを作りましょう、より現実に近づけましょうという作者の願いが感じられるのだ。なかなかこういうゲームはない。Avalon HillのBasketball Strategyも持っているが、やはり「自分のリーグを作って遊ぼう」というコンセプトが素晴らしく、日本でボードゲームのサークルが殆ど存在しないのに(特にスポーツ)、海外では盛ん(現在はどうかなあ)だというのもうなずけてしまうのだ。


Chart

 ご覧のように、RedとBlueの二チームがセットされるようになった。広島と中日ってところか?
 じゃあ、昭和50年を再現だな! 
 野手:高木、ローン、谷沢、マーチン、井上、木俣。
 投手:星野仙、鈴木、松本、稲葉、三沢。
 野手:大下、三村、ホプキンス、山本、衣笠、シェーン
 投手:外木場、池谷、佐伯、宮本、渡辺

 いいなあ、昭和のプロ野球は…。

« Baseball Strategy (Avalon Hill) | トップページ | Baseball Strategy (Avalon Hill 1980) »

Baseball Game (Simulation Board Game)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494347/40954544

この記事へのトラックバック一覧です: Baseball Strategy (Avalon Hill, 1973):

« Baseball Strategy (Avalon Hill) | トップページ | Baseball Strategy (Avalon Hill 1980) »