2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

素晴らしいリンク

無料ブログはココログ

2023年8月25日 (金)

野球続き

6回の表          

☆四番・ファースト ガービー 

 ファーストロール・チャート  4-1-5 エラーレンジ使用

 打撃             6-3-2 三振

        

☆五番・サード セイ         

 ファーストロール・チャート  6-5-2 エラーレンジ使用

 打撃             2-4-2 センター前ヒット

 進塁判定           5-5-6 エラーなし

 

☆六番・ライト スミス     一死一塁

 ファーストロール・チャート  3-6-4 エラーレンジ使用

 打撃             4-5-5 セカンドゴロ               

 エラー判定          ド忘れ

 

☆七番・レフト マンデー     二死一塁 

 ファーストロール・チャート   6-3-3 エラーレンジ使用

 打撃              2-2-4 センターフライ

 エラー判定           2-1-5 捕球

 

6回の裏

☆八番・捕手 マクカーヴァー    (右投手への打撃が264であることに気づく→修正)

 ファーストロール・チャート   6-2-3 エラーレンジ使用

 打撃              1-4-3 センター前ヒット

 エラー判定           3ー4ー4 エラー無し                 

 

☆九番・投手 カールトン      

 バント宣言         1stトライ 4-3-4 成功 △1-3 

 

☆一番・センター マダックス  一死二塁

 ファーストロール・チャート         1-6-1 四球該当せず

 打撃              2-4-6 レフト前ヒット         

 

☆二番・ショート ボーワ  一死一、三塁

 ファーストロール・チャート   2-6-3 併殺かも? 

 打撃              2-1-4 ライト前ヒット 打点1

 エラー判定           4-6-1 エラー無し           

                          

☆三番・サード シュミット   一死一、三塁 

 ファーストロール・チャート  5-5-2 エラーレンジ使用  

 打撃             5-3-5 セカンドゴロ

 エラー判定          3-5-3 ロープス失策 1点(打点)

 

☆四番・レフト ルジンスキー  一死一、二塁

 ファーストロール・チャート  2-5-4 無視

 打撃             5-5-6 セカンドゴロ ランナー突入→アウト

 

☆五番・ライト ジョンストン  二死一、二塁   

 ファーストロール・チャート  5-2-6 エラーレンジ使用

 打撃             4-6-2 捕邪飛 

 エラー判定          4-4-1 捕球

 

7回表

☆八番・キャッチャー イエガー  

 ファーストロール・チャート   4-5-2 エラーレンジ使用

 打撃              4-6-3 ショートゴロ         

 エラー判定           6ー6ー1 エラー無し

 

☆九番 代打マルチネス

 ファーストロール・チャート   6-2-4 エラーレンジ使用

 打撃              4-2-1 三邪飛         

 エラー判定           4-1-4 捕球

 

☆一番・セカンド ロープス     

 ファーストロール・チャート    5-2-3 エラーレンジ使用

 打撃               4-3-6 セカンドゴロ

 エラー判定            4ー4ー6 エラーなし

 

7回裏         

☆六番・ファースト ハットン     

 ファーストロール・チャート         5-1-2 エラーレンジ使用

 打撃               4-1-6 ショートゴロ

 エラー判定            3-6-6 エラー無し

 

☆七番・セカンド サイズモア   

 ファーストロール・チャート    1-5-4 四球該当せず

 打撃               3-4-6 ライトフライ   

 

☆八番・捕手 マクカーヴァー    

 ファーストロール・チャート    4-1-2 エラーレンジ使用

 打撃                6-5-6 三振

 

8回表           

☆一番・セカンド ロープス     

 ファーストロール         2-5-1 レアイベント、スルー

 打撃               2-5-2 センター前ヒット              

 

☆二番・ショート ラッセル     無死一塁

 ファーストロール・チャート    2-1-3 投手によるピックオフ セーフ

 打撃               4-5-1 サードゴロ           

 

☆三番・レフト ベイカー      一死一塁

 ファーストロール・チャート    6-1-2 エラーレンジ使用

 打撃               5-3-5 ショートゴロ(封殺)

 エラー判定            5-5-3 エラーなし

 

☆四番・ガービー          二死一塁

 ファーストロール・チャート    6-4-3 エラーレンジ使用

 打撃               4-4-4 セカンドゴロ

 エラー判定            6-6-5 エラーなし

 

8回裏

 

☆九番・投手 カールトン      

 ファーストロール・チャート        3-4-6 トリプルプレイ、無死

 打撃              1-1-5 センター前ヒット

 

☆一番・センター マダックス    無死一塁

 ファーストロール・チャート        4-2-6 エラーレンジ使用

 打撃              1-2-1 ライトへの三塁打 打点1        

 エラー判定           4-3-6 エラー無し

 

☆二番・ショート ボーワ      無死三塁

 ファーストロール・チャート   5-1-4 エラーレンジ使用

 打撃              2-3-1 センター前ヒット 打点1

 エラー判定           4-5-5 エラーなし           

                          

 

☆三番・サード シュミット    無死一塁

 ファーストロール・チャート   3-4-2 併殺レンジ使用 

 打撃              6-5-4 三振

 エラー判定          

 

☆四番・レフト ルジンスキー  一死一塁

 ファーストロール・チャート  5-2-5 エラーレンジ使用

 打撃             3-4-2 レフトフライ

 エラー判定          2-2-5 捕球

 

☆五番・ライト ジョンストン  二死一塁 

 ファーストロール・チャート  4-6-5 エラーレンジ使用

 打撃             6-2-6 三振

 

9回表

☆五番・サード セイ      1-1-1 四球レンジ 四球   

          

☆六番・ライト スミス     無死一塁

 ファーストロール・チャート  2-1-3 投手によるピックオフ セーフ

 打撃             6-3-2 三振               

 

☆七番・レフト マンデー     一死一塁 

 ファーストロール・チャート   5-6-1 エラーレンジ使用

 打撃              5-5-6 三振 (PKのため)

 

☆八番・キャッチャー イエガー  二死一塁

 ファーストロール・チャート   4-5-2 エラーレンジ使用

 打撃              4-6-4 セカンドゴロ        

 エラー判定           1-4-6 捕球

 

11−1でフィリーズの勝利。カールトン、完投勝利(6安打、3四球、4三振)。

ルールはバッチリ把握できたな。

2023年8月22日 (火)

『And The Pitch...』の方が細かく改善されているのだが。

選手レーティングが細かく改善されているのだが、評価方法の記述がない。

1978年セ・リーグを作成中だが、打撃・投球はExtraとAndの中間を目指しているのよう。

守備の個別評価はExtraの方もないの。やむなく、王、柴田、河埜、高田、堀内は上手い、張本、小林は悪いのような風にしちゃう。

2023年8月19日 (土)

続き。

4回の裏

☆七番・セカンド サイズモア    

 ファーストロール・チャート   4-4-4 エラーレンジ使用 

 打撃              4-5-4 ショートゴロ        

 エラー判定           1-5-4 エラーなし

 

☆八番・捕手 マクカーヴァー    

 ファーストロール・チャート   1-4-6 四球レンジ、該当せず。

 打撃              1-3-3 レフトフライ                   

 

☆九番・投手 カールトン      

 ファーストロール・チャート    3-5-4 エラーレンジ使用。  

 打撃               5-6-1 ファーストゴロ、投手がベースカバー

 エラー判定            1-4-6 無事送球・捕球

 

5回の表

 

☆九番・投手 ホートン 代打・レーシー     

 ファーストロール・チャート    4-1-3 エラーレンジ使用    

 打撃               1-4-2 センター前ヒット            

 エラー判定            6-2-4 無事返球。

 

☆一番・セカンド ロープス     無死一塁。

 ファーストロール・チャート    5-2-4 エラーレンジ使用。

 打撃               3-4-6 ライトフライ

 エラー判定            5-2-5 無事捕球

 

☆二番・ショート ラッセル     一死一塁

 ファーストロール・チャート    6-6-4 エラーレンジ使用

 打撃               2-6-4 センターフライ

 エラー判定            5-6-2 無事捕球

 

☆三番・レフト ベイカー      二死一塁

 ファーストロール・チャート    併殺レンジ、二死なので無死

 打撃               2-5-4 センターフライ

 

 うーん、打つのみとはいえ、味気ない攻撃…。

 

ドジャース二番手・ウォール投入(BB 141 SO 611) 

 

☆一番・センター マダックス 

 ファーストロール・チャート         1-1-4 四球           

 

☆二番・ショート ボーワ   無死一塁

 バント           4-2-6 成功。△1-3           

                          

 

☆三番・サード シュミット   一死二塁 

 ファーストロール・チャート  6-1-1 エラーレンジ使用  

 打撃             2-1-6 レフト前ヒット

 エラー判定          6-4-2 エラーなし

 

☆四番・レフト ルジンスキー  一死一、三塁。 前進守備  

 ファーストロール・チャート  1-5-3 四球該当せず。

 打撃             5-1-6 ファーストゴロ、投手カバー    

 

 前進守備を敷いたのは良いが、そこから先が不明。よって、一塁ランナーのみ進塁とする。

 

☆五番・ライト ジョンストン  二死、二、三塁。

 ファーストロール・チャート  4-3-6 エラーレンジ使用。

 打撃             2-1-4 ライト前ヒット 二者生還

 エラー判定          2-5-4 エラーなし

 

☆六番・ファースト ハットン  二死一塁   

 ファーストロール・チャート  4-2-3 エラーレンジ使用

 打撃             1-1-6 レフトへの二塁打 走者生還

 エラー判定          1-3-5 エラーなし

 

☆七番・セカンド サイズモア   二死二塁 

 ファーストロール・チャート  3-4-6 三重殺レンジ。無視

 打撃             4-1-4 セカンドゴロ        

 

さて、投手ごとの違いが三振・四球くらいしかないわい、とか言ってしまったが、次のようなチャートがあった。防御率によって、HR、2B、安打などを減らしたり、増やしたりするらしいのだ。しかし、最後の方は訳がわけわからん。

投手の評価と防御率調整表

 歴史的に見て、テーブルゲームの結果に投手の真の影響を与えることは困難でした。 1931 年に発売された、史上初の「現実の」テーブル ゲームである「National Pastime」では、打者は評価されましたが、投手は評価されませんでした。APBA がオリジナルのゲームを「改善」したとき、投手の評価が導入されました。

 『Extra Innings』は初版では投手を採点したが、テーブルゲーマーのジェフ・サラギン氏がより正確な計測を提案した。防御率調整表。

 これは、最も純粋な数学的応用を求める人々の注目を集めるテーブル・ゲームの分野です。あまりにも露骨なアプリケーションを回避するための標準的な防御手段があります。遊びの複雑さを増し、暗記をより困難にする提案はすべて拒否されます。また、1900 年以降のすべての季節で利用できないデータは使用されません。

 防御率調整表を作成する際、防御率がリーグ平均を下回る投手と対戦した場合には打者から単打、二塁打、三塁打、本塁打を恣意的に削除し、投手の防御率がリーグ平均よりも高かった場合には打者からそれらを追加しました。

 チャートで使用する「一般」は 3.27 ~ 3.41 です。私たちがチャートを作成した時点では、これは正常な範囲でした。異なる年のチーム間のリプレイでこのチャートを使用すると、疑問が生じます。たとえば、さまざまなシーズンから選ばれたチーム間でのトーナメントでは、チャートがそのまま優勢になります。リーグを再作成する場合、そのリーグの「基準」が設定した「基準」に一致しない場合は、チャートに合わせて調整します。

 文章では複雑に見える多くのアプリケーションと同様に、この表を参照することはほとんどありません。投手の防御率は(ほとんどの状況で)打者の打線をほんの少し変えるだけなので、打者の打点の最大値に非常に近づかない限り、防御率表で確認する必要はありません。

Score

 つまり、違う年度のチームを対戦させるときに、使えということかしら。そう読める。

 だが、『And The Pitch...』には投手に修正値があるので、混乱したのよう。

       

 

                  

 

        

 

2023年8月18日 (金)

Extra Innings、リプレイやで。本邦初か? 「えー、ほんぽうー?」

これや。Gamecraftの「Extra Innings」や。ゲーム・デザイナーはJack Kavanagh氏(故人)、出版は1971年。

筆者のものは1977年の五版や。

12_20230818043701

フィリーズ 対 ドジャース

Lineup_20230819073601

ドジャースの攻撃

☆一番・セカンド ロープス

 ファーストロール・チャート 4ー5ー6 エラーレンジ使用。

 打撃            1-5-3  レフト前ヒット

 エラー判定         判定を失念。(3-5-1から3-5-4がエラー)

 

☆二番・ショート ラッセル  ここで、ロープスが盗塁。

              (2-1-3、2-1-4はピックオフチャート使用)

               左投手のカールトンに対しては、1-1-1から5-3-6がセーフ。

              (ジャンプの概念はこの時代はまだなし)

 盗塁            3-2-2。ロープス、二盗成功。無死、二塁。

 

 ファーストロール・チャート 6-3-5 エラーレンジ使用。

 打撃            3-5-5 センターフライ

 エラー判定         1-1-1 無事、捕球(タッチアップど忘れ)

 

☆三番・レフト ベイカー   一死、二塁。

 ファーストロール・チャート 6-3-6 エラーレンジ使用。

 打撃            4-4-2 三塁ゴロ。

 エラー判定         5-1-5   無事、捕球。

 

☆四番・ファースト ガービー 二死二塁

 ファーストロール・チャート 5-6-6 エラーレンジ使用。

 打撃            1-3-6 レフトへの二塁打。走者生還。

 エラー判定         エラーなし。

 

☆五番・サード セイ     二死二塁

 ファーストロール・チャート 2-3-6 レア・イベント発生。

 ルールブックにはこう、ある。

『2-3-6 ~ 2-5-6 「まれなイベント」用に予約されています。テーブル ゲーマーの中には、リアリズムを追求するために独自の「ギミック」を提供することを好む人もいます。たとえば、「エクストラ・イニング」は、進行中にゲームを自動的に呼び出す手段を提供しません。リアリティを追求するために、停電、ゲリラ豪雨、またはプレイヤーのストライキでゲームが中断されるリスクを冒すかどうかは、お客様の選択にお任せします。また、他にも含めたい珍しいイベントがあるかもしれません。野良犬をフィールドから追いかけるために 10 分間ゲームを停止したい場合……または、プレイ中にゲームに熱意を与えるものを見つけた場合は、この範囲のファースト ロール番号にそれを導入できます。』 

 ということで、レア・イベント・チャートはついていない。後発ヴァージョンの『And the Pitch…』は四球レンジなので、ここは打撃へ行くとしよう。

 打撃            2-5-5 ライトフライ。攻撃終了。 

 一回の表のプレイで感じたこと。

 エラー判定が流れを悪くさせてる感じ。ルールブックに外野フライのエラーは実際には少ない、とあるが良く分からず判定。フィリーズの場合、3-5-1~3-5-5がエラー。失策率がチーム単位だが、上手な人はまた違うようだ(見つからないが)。

 

フィリーズの攻撃

☆一番・センター マダックス

 ファーストロール・チャート    6-2-2 エラーレンジ使用。

 打撃               2-3-5 センター前ヒット

  エラー判定           4-4-3 無事、返球。

 

☆二番・ショート ボーワ      無死一塁。盗塁作戦。

                  5-5-4 盗塁失敗。

                  トホホ、一死無走者。

 ファーストロール・チャート    4-1-4 エラーレンジ使用。

 打撃               三塁ファウルフライ

 エラー判定            2-5-1 無事、捕球。(ドジャースは3−5−1〜3−5−4がエラー)

 

☆三番・サード シュミット     二死一塁。

 ファーストロール・チャート    1-2-5 投手Hootonの三振レンジ1−1−1〜1−3−1内。

                  よって、三振。チェンジ。 

 

感じたこと。

 少し、テンポが出てきた。とはいえ、何か起きるたびに、ルールブックをあちこち探すのはきつい。

 早見表を完成させれば、改善するだろう。

 盗塁、犠打、三振率・四球率、安打率・長打率(投手による差がない)を見ると(後にこれらは『And…』で改善された)、現時点での感覚ではあるが、途上のゲームという感じ。

 ただし、歴史的には、米国のファンに非常に評価されたゲームである。その辺はtwitterで無能感想を晒すアホの日本野球ゲーマーとは歴史自体の質が段違い。

 というわけで、レビューする場合、相当やり込まないと書けないので、まずはこんな感じから。

二回の表

☆六番・ライト スミス

 ファーストロール・チャート  1-5-4。スミスはPW(+3)カールトンは1-3-4までが四球だが、二番目のダイスに+3されるので、四球となる。  

 打撃               

 エラー判定  

 

☆七番・レフト マンデー      無死一塁。

 ファーストロール・チャート    2-5-3 レアイベント、よってスルー。

 打撃               1-3-6 レフトへの二塁打。

 

☆八番・キャッチャー イエガー   無死、二、三塁。後進守備選択。

 ファーストロール・チャート    5-5-3 エラーレンジ使用。

 打撃               4-5-6 セカンド・フライ。             

 エラー判定            捕球。           

         

☆九番・投手 ホートン       一死、二・三塁。

 ファーストロール・チャート  2-1-4 捕手によるピックオフ。セーフ。

              (緊張感があって良い、Statis Proは盗塁狙いの時しか出ない)   

 打撃            ライトフライ(タッチアップ可能)       

                6-3-1 走者、タッチアウト。

               このルールは1~7回、8・9回で内容が異なるのねん。

 

二回の裏

☆四番・レフト ルジンスキー   

 ファーストロール・チャート    5-6-3 エラーレンジ使用。

 打撃               1-5-6 レフトへの二塁打

 エラー判定            6-4-1 エラーなし。

 

☆五番・ライト ジョンストン    無死二塁。

 ファーストロール・チャート    3-2-2 併殺レンジ使用

 打撃               2-1-6 レフト前ヒット

 

☆六番・ファースト ハットン    無死、二、三塁。

 ファーストロール・チャート    3-3-4 併殺レンジ使用。

 打撃               賽の目失念。ホームラン。三点入って逆転。

 

☆七番・セカンド サイズモア    

 ファーストロール・チャート    2ー4ー6 レアイベント、スルー。

 打撃               2-2-6 レフト前ヒット。

 

☆八番・捕手 マクカーヴァー    無死一塁

 バント宣言            1stトライ 成功(△1-4)

 

☆九番・投手 カールトン      一死二塁。

 ファーストロール・チャート    1-3-4 ホートンが1ー3ー1四球だが該当せず。

 打撃               4-5-6 捕邪飛

 

 

☆一番・センター マダックス    二死二塁。

 ファーストロール・チャート    5-1-3 エラーレンジ使用。

 打撃               6-4-3 ホートン、5-6-4~6-6-6は三振。よって、三振。 

 

三回の表

 

 

☆一番・セカンド ロープス

 ファーストロール・チャート 6-1-4 エラーレンジ使用。

 打撃            サードゴロ        

 エラー判定         5-3-1 無事、捕球。

 

☆二番・ショート ラッセル  

 ファーストロール・チャート 2-6-5 併殺打が、走者なしなので通常打撃。

 打撃            5-1-2 ピッチャーゴロ。    

 エラー判定         

 

☆三番・レフト ベイカー   

 ファーストロール・チャート 1-4-3 四球に該当せず。

 打撃            4-1-4 セカンドゴロ。  

 エラー判定         

 

三回の裏

☆二番・ショート ボーワ      

 ファーストロール・チャート  6-6-4 エラーレンジ使用。 

 打撃             3-3-2 レフトフライ 

 エラー判定          6ー5ー3 捕球   

 

☆三番・サード シュミット     

 ファーストロール・チャート  6-1-1 エラーレンジ使用。

 打撃             1-5-1 三塁線を破る二塁打

 エラー判定          1-1-1 無事、返球。  

                  

☆四番・レフト ルジンスキー  一死二塁。   

 ファーストロール・チャート  2-4-3 レアイベント    

 打撃             4-6-3 ショートゴロ         

 エラー判定            

 

☆五番・ライト ジョンストン  二死二塁  

 ファーストロール・チャート  1-6-6 四球に該当せず。 

 打撃             1-3-1 三塁線を破る二塁打、シュミット得点。

 

☆六番・ファースト ハットン  二死二塁   

 ファーストロール・チャート  3-3-5 併殺レンジ使用(無視)  

 打撃             3-6-2 センターフライ 

 

四回の表

    • ☆四番・ファースト ガービー 

 ファーストロール・チャート 2-3-2 邪飛の場合、守備側が負傷

 打撃            1-3-2 センターへの二塁打

        

 

☆五番・サード セイ      無死二塁    

 ファーストロール・チャート  5-5-2 エラーレンジ使用

 打撃             3-5-6 ライトフライ(進塁可能)

 進塁判定           2-2-4 ガービー、三塁へ進塁。

 

☆六番・ライト スミス     一死三塁、後進守備

 ファーストロール・チャート  1-4-6 スミスはPWなので+3、

                1-6-4までなので四球

 

 

☆七番・レフト マンデー     一死一、三塁 

 ファーストロール・チャート   4-1-4 エラーレンジ使用

 打撃              6-2-2 三振

 

☆八番・キャッチャー イエガー  二死一、三塁 

 ファーストロール・チャート   6-6-2 エラーレンジ使用

 打撃              5-4-6 ファーストゴロ、投手がカバー           

 エラー判定           1-5-6 無事、捕球。           

               

 

2023年8月14日 (月)

更新しろだとよ

更新しないと出来なくなるらしい。

あまり言えないが、記事を書いた。発売は未定だな。

言えるようになったら、言うぜ。

2023年1月22日 (日)

妖怪同人誌『たまはがね士』発売中。

Fklrfoauaecmta

私、幕張本郷猛も参加しちょります。

中岡俊哉×新倉イワオのテレビ番組『恐怖!!』について書いてます。(『列伝体 妖怪学前史』で少しだけ触れましたが)

「再現フィルムの嚆矢、あなたの知らない世界!」と書いているやつは、今後、完全黙殺で構いません。

これを読んで君も、先鋭的キッズになろう!

既に先鋭的キッズの君は、先鋭的キッズ二段を目指せ!

↓ 早速、注文やで。

https://kameyama-books.booth.pm/items/4449952

2022年11月15日 (火)

野球ゲーム、買ってないな。

Here's the pitch Baseball.

選手データが見られる。素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=KCFMIrgOCUY

2022年10月20日 (木)

To people overseas

Hello, everyone in the world.
I am a baseball game, yokai, and rock fan living in Japan.
I have been getting reports that I can't write on my blog's message board from overseas. If you have any comments or suggestions, please send me an email.
takeshimakuharihongou53@outlook.jp

Fortunately, due to the rapid development of translation software, I can approximately understand emails from non-English speakers.

About Yokai
Perhaps it is because the Japanese wikipedia article on yokai is poorly written, for example, the overseas version of "Gashadokuro" is also terrible. (I recently corrected it myself.)
In Japan, unfortunately, there are no end of blogs that copy my blog in its entirety and pretend not to know about it. My research seems to be understood by those who understand it, and has been used as a reference in the "Night Parade of One Hundred Demons" exhibition recently held by the late Shigeru Mizuki.
You can see the results of my work in the book "RETSUDENTAI: A Prehistory of Spectacle Studies."

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

 

Hallo an alle Menschen auf der Welt.
Ich bin ein in Japan lebender Fan von Baseballspielen, Yokai und Rock.
Ich habe Meldungen aus dem Ausland erhalten, dass ich nicht auf dem Message Board meines Blogs schreiben kann. Wenn Sie Kommentare oder Vorschläge haben, senden Sie bitte eine E-Mail an.
takeshimakuharihongou53@outlook.jp

Glücklicherweise kann ich dank der raschen Entwicklung von Übersetzungssoftware E-Mails von Nicht-Englischsprechern annähernd verstehen.

Über Yokai
Vielleicht weil der japanische Wikipedia-Artikel über Yokai schlecht geschrieben ist, ist auch die internationale Version von Gasha Dororo, zum Beispiel, schrecklich. (Ich habe dies kürzlich korrigiert.)
In Japan gibt es leider unendlich viele Blogs, die meinen Blog komplett kopieren und so tun, als würden sie mich nicht kennen. Meine Forschung scheint von denen verstanden zu werden, die sie verstehen, und wurde in der kürzlich stattgefundenen Ausstellung "Hyakki Yagyo" des verstorbenen Shigeru Mizuki als Referenz verwendet.
Die Ergebnisse meiner Forschung können Sie in dem Buch "RYODENTAI: A Prehistory of Spectre Studies" nachlesen.


Übersetzt mit www.DeepL.com/Translator (kostenlose Version)

 

Bonjour à tous les habitants du monde.
Je suis un fan de jeux de baseball, de yokai et de rock vivant au Japon.
J'ai reçu des rapports indiquant que je ne pouvais pas écrire sur le tableau d'affichage de mon blog depuis l'étranger. Si vous avez des commentaires ou des suggestions, veuillez envoyer un courriel à.
takeshimakuharihongou53@outlook.jp

Heureusement, grâce au développement rapide des logiciels de traduction, je peux à peu près comprendre les courriels des non-anglophones.

À propos de yokai
Peut-être parce que l'article japonais de wikipedia sur les yokai est mal écrit, la version internationale de Gasha Dororo, par exemple, est également terrible (j'ai récemment corrigé cela). (J'ai récemment corrigé ce point).
Au Japon, malheureusement, il n'y a pas de limite au nombre de blogs qui copient mon blog dans son intégralité et prétendent ne pas me connaître. Mes recherches semblent être comprises par ceux qui les comprennent, et ont été utilisées comme référence dans la récente exposition "Hyakki Yagyo" du regretté Shigeru Mizuki.
Vous pouvez voir les résultats de mon travail dans le livre "Renshutai : The Prehistory of Spectre Studies".

向世界上的每个人问好。
我是一个生活在日本的棒球比赛、洋鬼子和摇滚乐迷。
我收到了来自国外的报告,说我不能在我博客的留言板上写作。 如果您有任何意见或建议,请发邮件至。
takeshimakuharihongou53@outlook.jp

幸运的是,由于翻译软件的快速发展,我可以大约理解来自非英语国家的电子邮件。

关于Yokai
也许是因为日本维基百科上关于Yokai的文章写得很差,例如Gasha Dororo的国际版本也很糟糕(我最近已经纠正了这一点)。 (我最近已经纠正了这一点。)
在日本,不幸的是,完全复制我的博客并假装不认识我的博客数不胜数。 我的研究似乎被那些理解它的人所理解,并在最近举行的已故水木茂的 "百鬼夜行 "展览中被作为参考。
你可以在《仁寿台:幽灵研究的史前史》一书中看到我的工作成果。

My Twitter is
https://twitter.com/takesimhongou

 

2022年7月 6日 (水)

またかよ。

「調布 妖怪通信」なるブログで私のアップした画像が勝手に使われています。

参照元を記載する一般常識はお持ちでないようです。

2022年5月20日 (金)

再放送があるそうですよ。変なものが見られるかも?

5月23日(月)23時〜 NHKBSプレミアム

ダークサイドミステリー▽心霊と恐怖の仕掛人・中岡俊哉~昭和オカルトの舞台裏~

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=34247

«くだらない痴漢漫画の広告を載せるな、ニフティ。